EVENTS

【社会課題を解決する】逆境をチャンスに変えた25歳、無職のシングルマザー~産後ケアビジネスのマドレボニータ~

ビジネスを通じて、社会に変革をもたらす起業家(changemaker)の生のトークをお届けするイベントです。社会を変えるだけでなく、そのミッションをビジネスにつなげる秘訣や、起業の動機、さらには起業のアップダウンなど、ここでしか聞けない起業家の本音にせまります。

今回は「産後ケア」をビジネスにするマドレボニータ代表の吉岡マコさんをお呼びします。
吉岡さんは東大を卒業し、25歳でシングルマザーとして出産。「すぐに仕事に復帰できるような体調ではない、でも働かなければならない!」という状況に直面します。そんな自身の経験から、日本ではまだ課題として取り上げられていなかった「産後のケア」をビジネスにしました。出産祝いに産後ケアを贈る「産後ケアバトン+(プラス)」という発想で、産後ケアをポジティブなイメージで社会に広めたことが評価され、Google社の助成プロジェクト、Googleインパクトチャレンジにて「WomenWill賞」も受賞しています。

自らの逆境を機に、まだ未発見の課題「産後のケア」をビジネスへと変えた吉岡さん。
「一人きりで始める起業」や、「ゼロから仕事を作ること」についてなど、ご自身の経験を元にお話しいただきます。

自分の課題意識を元にビジネスを立ち上げることを検討されている皆さま、誰も取組んでいない課題をビジネスにしたい皆さまに、是非ご参加いただきたいイベントです。

日時 2017年07月03日(月) 19:00〜21:00
開場時間 18:30
料金 無料
定員 30名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

<講師プロフィール>

吉岡 マコ 氏
NPO法人マドレボニータ代表理事、産後セルフケアインストラクター
1996年東京大学文学部卒業後、同大学院で運動生理学を学ぶ。1998年自らの出産を機に、産前・産後に特化したヘルスケアプログラムを開発。以来、研究・実践を重ねる。2008年NPO法人マドレボニータを設立。指導者の養成・認定制度を整備し、現在26人のインストラクターが全国16都道県60か所で産後ケア教室を展開。『産後白書』の出版、社会的インパクト評価の実施など調査・研究にも尽力。2011年マドレ基金をたちあげ、ひとり親、多胎児の母、障害児の母など、社会的に孤立しがちな母親たちへの支援に着手。
2015年Googleインパクトチャレンジグランプリ(WomenWill賞)受賞、2014年日経ソーシャルイニシアチブアワード国内部門賞受賞。
近著『みんなに必要な 新しい仕事』(小学館)『産前・産後のからだ革命』(KADOKAWA)

 

PAGE TOP