EVENTS

新たな文化を生み出す起業家から学ぶ、クリエイティブな事業の動かし方 文化起業家#07

本シリーズでは、プロダクトやサービスによって私たちの世界に今まで無かった新たな文化的価値を生み出している起業家を「文化起業家」と呼び、彼らの事業アイデアの着想やその展開プロセス、そして現在直面する課題などを探っていきます。

今回は、石川遼選手をはじめ多くのプロゴルファーを排出している一般社団法人アジアジュニアゴルフ協会(AJGA)をゴルフコーチの夫とともに設立し、ジュニア選手のメンタルサポートを行っているよしおかゆうみ氏をゲストにお迎えします。AJGAでの活動や人材育成事業会社の設立など、心理カウンセラーとしての枠を超えた幅広い活動の先に、よしおか氏が見たい情景について伺います。

◼︎こんな方におすすめ
・今まで社会に存在しなかった新たな文化を生み出すような事業で起業をしたい方
・業界や職種の既存の枠を超えるようなクリエイティブな事業の展開方法について知りたい方
・今までにないおもしろい事業を行っている起業家の話を聞いてみたい方

日時 2017年07月15日(土) 12:00〜14:00 ※交流会14:00〜14:30
開場時間 11:30
料金 無料
定員 50名
会場 TOKYO創業ステーション1F Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

【これからの社会・経済をつくりだすクリエイティブの力】
モノや情報が飽和し、新しいテクノロジーにより日々変化し続ける現代社会。このような時代の中で、起業家はどのような視点を持つことを求められているのでしょうか。

 

本シリーズでは、私たちの社会に新たな文化を創りだす事業を展開する起業家を「文化起業家」と呼んでいます。様々な領域で事業を展開する「文化起業家」たちをゲストとしてお招きし、事業アイデアの着想やその展開プロセス、そして現在直面する課題などを探っていきます。

 

今回は、石川遼選手をはじめ多くのプロゴルファーを排出している一般社団法人アジアジュニアゴルフ協会(AJGA)を設立し、ジュニア選手のメンタルサポートを行っているよしおかゆうみ氏をゲストにお迎えします。AJGAでの活動や人材育成事業会社の設立など、心理カウンセラーとしての枠を超えた幅広い活動の先によしおか氏が見たい情景について伺います。

 

タイムテーブル
12:00-12:10 はじめに
12:10-13:20 トークセッション
12:20-13:30 感想、意見共有
13:30-14:00 Q&A
14:00-14:30 交流会(自由参加)

 

今回の文化起業家

よしおか ゆうみ 氏
一般社団法人アジアジュニアゴルフ協会  思春期アスリートメンタルスクール主宰 心理サポーター
株式会社プライム・ヒル 教育部門代表
マインドパワー&ハッピーマジック カップル・家族心理カウンセラー  プリマリタル(結婚準備)カウンセラー
asobi基地 顧問・アドバイザー

専門は乳幼児教育、児童・発達心理学。出版社勤務の後、東京都の幼児教育に長年携わる傍ら「乳幼児〜思春期・青年期につながる育ち」の研究を深める。現場で子どもの育ちに長期にわたって与える家族システムの影響を目の当たりにし、本格的に思春期外来クリニックにてカウンセリング研修を経て、2007年にファミリー心理カウンセラーとして独立。
同時期、高校教師でゴルフ部監督であった夫も、石川遼をはじめとする教え子たちがプロとして活動を始めたことをきっかけに、教師を引退。2008年に、夫と共に人材育成事業の会社を設立する。また、私設でジュニアゴルフチームを立ち上げると、年間述べ2000人のジュニアが参加。2012年には一般社団法人アジアジュニアゴルフ協会を設立。指導者主導ではなく、卒業生若手プロと高校生リーダーとが主体となり学び合う、新しい形のチーム運営に取り組み、国内外のキャンプに帯同している。

 

モデレーター

菊池 宏子 氏
NPO法人インビジブル クリエイティブディレクター / アーティスト

東京生まれ。ボストン大学芸術学部彫刻科卒、米国タフツ大学大学院博士前期課程修了。米国在住20年を経て、2011年、東日本大震災を機に東京に戻り現在に至る。在学中よりフルクサスやハプニングなどの前衛芸術・パフォーマンスアート、社会彫刻的観念、またアートとフェミニズム、多文化共生マイノリティアートとアクティビズムなど、アートの社会における役割やアートと日常・社会との関係について研究・実践を続けている。MITリストビジュアルアーツセンター、ボストン美術館、あいちトリエンナーレ2013、森美術館など含む、美術館・文化施設、まちづくりNPO、アートプロジェクトにて、エデュケーション活動、ワークショップ開発・リーダーシップ/ボランティア育成など含むコミュニティ・エンゲージメント戦略・開発に従事。また、リライトプロジェクト(東京/2015~)、天昌堂プロジェクト(新潟県/2016~)、; 大山移住定住計画(鳥取県/2016~)、苦瓜推進協議会:The National Bitter Melon Council (アメリカ/2004~)、 寶藏巖農園肖像画計画(台湾/2003-2004)などを含む、アート・文化の役割・機能を生かした地域再生事業、ソーシャリーエンゲージドアートに多岐にわたり多数携さわってきている。その他武蔵野美術大学、立教大学兼任講師、一般財団法人World In Asia、NPO法人アート&ソサエティ研究センター理事なども務めている。

 

PAGE TOP