EVENTS

TOKYO-DOCAN 第3期説明会 & 卒業生ピッチ

TOKYO-DOCAN(トーキョードカン)は、世の中にドカンとインパクトをもたらす起業家のたまごのための始まりの場所です。全6回、3ヶ月のプログラムで、アイデアの発想から事業化までを体験することができます。本イベントでは第3期生の募集にあたり、プログラムを実際に受講した卒業生たちが自身の成果やトーキョドカンでの経験を発表します。

■トーキョードカンはこんな人におすすめです
・将来起業しようと思っている人
・アイデアが頭の中でモヤモヤしている人
・脱・意識(だけ)高い系を目指す人
学生の方も歓迎です!

日時 2017年09月11日(月) 19:30〜21:00
開場時間 19:00
料金 無料
定員 50名
会場 TOKYO創業ステーション1F Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

タイムスケジュール

19:00〜 開場
19:30〜20:00 TOKYO-DOCANプログラム説明
20:00〜21:00 卒業生ピッチ

ピッチ情報

■ TOKYO-DOCAN卒業生の声

ドカンで何が学べる? / 【2期生】 枚田 正章

東京都が実施している創業事業。その中のコンテンツの1つ「トーキョードカン」。ここで一体何が学べるのか?実際に学んだ者として、今参加を迷っている人達にドカンで何が学べるか、説明します。

 

■ TOKYO-DOCAN卒業生のプロダクト紹介

建設現場の省人化と効率化を可能にするソリューション / 【1期生】 ETOK 岩井 隆浩

私たちETOK は日本の誇る匠(職人)の技術を次世代へ残すために立ち上がりました。最初のターゲットである建設業会は少子高齢化や若者の現場離れ等の影響によって15年以内に深刻な人員不足に陥ると予測されています。
今のままでは高度な日本の技術力が失われてしまいます。これから私たちETOK は現場の環境を整え効率化しながら少人数の職人で現場を回せる環境を創り出すソリューションを開発します。全ては次世代を担う職人たちのために。

 

海外からの留学生交流プラットフォーム / 【2期生】 Yoshio Ota

日本での留学を希望する外国人の来日前の質問に答える、英語でのチャットプラットフォームを起点とし、来日後の住宅探しや就職活動支援、日本在住期間中の日本人との交流や在学中の副収入の支援サービスを提供します。

 

Fripro-フリプロ-™ / 【2期生】 FreestyleWorkDesign 吉田直人 (Naoto Yoshida)

未来のプロフリースタイラーを輩出し、国や企業、地域等の課題を見つけ、一緒に取り組み解決することを目標にしたオンラインアイデアソンコミュニティサービス。フリースタイラーのポテンシャルと社会人のポテンシャルを掛け合わせ、新たな共創価値を産み出します。

TOKYO-DOCAN(トーキョードカン)とは?

トーキョードカンは、世の中にドカンとインパクトをもたらす起業家のたまごのための始まりの場所です。他の誰でもない、自分のチカラ(DoとCan)で生き方を切り開く術を学び、自分だけの仕事を創る。3ヶ月のフィールドワークと全6回の講座を通して、切磋琢磨できる仲間との出会いの場にもなるはずです。

 

▼トーキョードカンの詳細 & エントリーはこちらから
https://startuphub.tokyo/event/tokyodocan03

※選考によって受講者を決定させていただきます。

 

▼ 9月19日にも説明会を行います!

TOKYO-DOCAN 第3期説明会 & 体験ワークショップ
開催日:9月19日(火)19:30〜20:30
内容:プログラム説明 / 体験ワークショップ
お申込み先:https://startuphub.tokyo/event/20170919e1

※プログラム説明は9月11日開催の説明会と同じ内容です。

トーキョードカン メイン講師

長井 悠(株式会社タクトピア 代表)
茨城県と千葉県で育つ。東京大学にて藝術学(音楽社会学)を専攻、修士課程修了。IBM社にて、戦略コンサルタントとして活動後、2010年にハバタク株式会社を創業。2015年、当社の一部門であった学校向け教育事業をタクトピア株式会社としてスピンアウトし代表に就任。
タクトピアでは全事業を統括し、学校・企業などとの関係構築・協業可能性の開拓等をおこなう。
また、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメソッドを応用したアントレプレナーシップ教育の講師として全国の高校・大学と協働中。

PAGE TOP