EVENTS

インバウンドベンチャー創出!TOKYO2020 #4 〜シェアサイクル×街づくり〜

■TOKYO2020シリーズとは
2016年、年間の外国人旅行者数は過去最高の2,400万人を超え、インバウンド市場は右肩上がりに拡大を続けています。
2020年の東京オリンピック開催に向けて、インバウンド市場の変化やビジネスチャンスとは?
観光地の最前線で活躍する起業家・専門家から“生”の声を聴けるトークセッションを開催します。

■第4回は「シェアサイクル×街づくり」
ソフトバンク株式会社の新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」で優勝して、2016年11月事業化を果たしたOpenStreet株式会社 代表取締役 横井氏をゲストにお迎えして、『IoT革命で急成長するシェアサイクルの未来』についてご紹介します。また、浅草六区をエンターテインメントで復活させた起業家、海老原氏がトークセッションのモデレーターとして、「観光最先端の現場で起きている課題をシェアサイクルで解決する取り組み」や「シェアサイクル事業と協業の可能性がある領域」など気になる話題を徹底的に取り上げます。

観光・インバウンド分野で起業を考えている方、協業先を探していらっしゃる方必聴のセミナーです。

日時 2017年09月29日(金) 19:00〜20:40
開場時間 18:30
料金 無料
定員 100名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

スケジュール

・18:30~19:00 受付

・19:00~19:10 SHT・イベントの概要説明

・19:10~19:50 トークセッション第一部 テーマ「IoT革命で急成長するシェアサイクルの未来」

・19:50~20:00 休憩

・20:00~20:40 トークセッション第二部 テーマ「シェアサイクル×街づくり」

・20:40      閉会

ゲスト

横井 晃 氏(OpenStreet株式会社 代表取締役CEO)

2002年早稲田大学理工学部建築学科卒業。大学在籍中に設計事務所を設立、のち事業譲渡。

2011年エムスリー株式会社マーケティングプロデューサー。

2012年ソフトバンク株式会社入社。現在、OpenStreet株式会社CEOを務める。

 

 

海老原 孝礼 氏(セグラスグループホールディングス株式会社 代表取締役社長)

2001年、学生ベンチャーとして創業。

2009年、浅草の街をライブエンターテインメントで活性させることを目的とした浅草六区再生プロジェクトを始動。株式会社アミューズと共にアミューズミュージアムを設立。2010年にはコシダカシアター(現ゆめまち劇場)をオープンさせる。

現在は浅草六区の国家戦略特化をめざし、様々な実証実験を手がける。

 

 

 

PAGE TOP