EVENTS

ひとつぶ千円のいちごに学ぶ、稼げる農業起業

このイベントでは、経験や勘が重視されてきた農業に企業経営の考え方とITを導入し、高品質なイチゴの栽培を成功させた株式会社GRAの岩佐大輝氏をゲストにお迎えし、事業にかける想いと従来のやり方に左右されず最速で目標に到達するための戦略や起業のストーリーについて伺います。

■こんな人におすすめ
・新しい時代の農業に興味がある人
・旧態依然とした業界に新しいビジネスを提案したい人
・世代、業界が違う人達を巻き込んで事業を行う時のまとめ方やコミュニケーションの取り方を知りたい人
・やるかやらないか、一歩を踏み出すことに迷いや抵抗感のある人

日時 2017年10月13日(金) 19:00〜21:00
開場時間 18:30
料金 無料
定員 50名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

トークテーマ

・業界の構造を変え、新しいビジネスを生み出した経緯
・古い体質の業界にビジネスの思考法やIT技術を取り入れる方法
・業界、年代を超えたチームでのプロジェクトの進め方

 

株式会社GRAは東日本大震災の復興活動がきっかけでうまれたソーシャルベンチャーです。岩佐氏は、大震災で大きな被害を受けた故郷、宮城県山元町を若者が夢や誇りを持てる町にしたいと町の主要産業であったイチゴ作りに着手しました。

 

IT企業の経営者である岩佐氏が、旧態依然とした農業に職人の技とITを融合した最先端施設の園芸を導入し、大手百貨店で一粒1000円のいちごを販売するまでには、世代、業界を横断したメンバー達の協力と数々のチャンスを掴んできたストーリーがありました。

 

農業や地域起こしに興味がある方、構造改革の難しい古い体質の業界にビジネス思考やITを導入することに関心がある方ばかりでなく、経営戦略や収益モデルに課題を感じている方にとってもヒントとなるかもしれません。また、岩佐氏の熱い想いを聞いて自分を奮い立たせたい人、想いはあるがその糸口が見つからず立ち止まっている方にとっても大変有意義な時間となることでしょう。

タイムテーブル

19:00-19:10 はじめに
19:10-20:20 トークセッション
20:20-21:00 Q&A

登壇者

岩佐 大輝 氏
1977年宮城県山元町生まれ。株式会社GRA代表取締役CEO。
大学在学中にIT会社を起業。2011年の東日本大震災後には、大きな被害を受けた故郷山元町の復興を目的にGRAを設立。先端施設園芸を軸とした「地方の再創造」をライフワークとするようになる。イチゴビジネスに構造変革を起こし、ひと粒1000円の「ミガキイチゴ」を生み出す。現在日本およびインドで6つの法人のトップを務める。
著書に『99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る』(ダイヤモンド社)、『甘酸っぱい経営』(ブックウォーカー)がある。

 

PAGE TOP