EVENTS

START BRAIN TECH TOKYO ~ブレインテックで起業しよう~

中東と欧州の狭間にあるイスラエル。人口800万人という小国ながら多数のスタートアップを生み出す「スタートアップ国家」として世界に知られています。
そんなイスラエルで、今最も注目されているBrain Tech(脳×テクノロジー)分野での起業について特集します。

START BRAIN TECH TOKYOでは、Brain Techとその周辺技術(i-BrainXICT)にスポットをあて、「Brain Techの世界的動向とビジネス事例」を紹介すると共に、けいはんなで行っているR&D活動と事業化/起業支援活動をご紹介します。

様々な応用が期待されるこの技術領域で、けいはんなリサーチコンプレックス(RC)は全国の方々とのコラボレーションで事業化や起業をめざしています。
Brain Techやニューロサイエンスに興味のあるみなさまのご参加をお待ち申し上げております。

日時 2018年03月02日(金) 13:00〜18:00
開場時間 12:30
料金 無料
定員 50名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1明治安田生命ビル
主催者 けいはんなリサーチコンプレックス

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


申込みはコチラ

2018年3月1日 9:00まで

※本講座は定員に達し次第、締め切らせていただきます。

タイムスケジュール

■13:00 – 13:20 ご挨拶

「けいはんなRC概略と起業支援プログラム並びに東京とのコラボレーション」

鈴木 博之 氏 (ATR けいはんなRCイノベーションハブリーダ)

 

■13:20 – 14:20 基調講演

「世界のBrain Techの事業化動向/テクノロジー紹介」

若林 龍成 氏(株式会社 neumo 代表取締役)

 

■14:20 – 15:20  RCR&DBrain-Lab紹介

RCR&D ~i-Brain X ICT ~」

對馬 淑亮 氏(NICTRC異分野融合研究開発サブリーダー)

「RCBrain_Lab ~ATR脳活動イメージングセンタ(BAIC)の取り組み~」

正木 信夫 氏(ATR-Promotions BAICセンタ長)

 

■15:20 – 15:30 休憩

 

■15:30 – 17:00  東京での動向 Brain Techへの期待

「脳情報ビジネス通信の現場と展望 来るべきサイバーパンク時代の理論と実践」

茨木 拓也 氏(NTTデータ経営研究所 情報未来研究センター ニューロイノベーションユニット マネージャー)

Brain-Techへの投資動向」 

芝山 貴史 氏(BLANQ株式会社代表取締役)

「認知症対策の実証実験 ~Brain-Techからの試み~(仮)」

井上 憲 氏(ジョージ・アンド・ショーン合同会社 代表)

 

■17:00 – 18:00  ネットワーキング

講師

若林 龍成 (株式会社neumo 代表取締役)

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)を経て2000年にビービットを創業し、副社長に就任する。ビービットでは業務執行責任者として活躍し、2016年米国にベンチャーキャピタルを設立。京都大学やスタンフォード大学と共同研究を実施しEEGデバイスやAI技術に対して投資を行っている。また、ビービットではR&D組織を持っており、大学や企業と脳神経科学を活用したビジネスの応用の共同研究プロジェクトを牽引してきた。

20178月に独立し、株式会社neumo 代表取締役に就任。

 

申込みはコチラ

2018年3月1日 9:00まで

※本講座は定員に達し次第、締め切らせていただきます。

 

【お問い合せ先】
㈱国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) 事業開発室
email : rc-atr@atr.jp


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


PAGE TOP