EVENTS

文化起業家#16 日常をデザインする表現者

文化起業家シリーズは、プロダクトやサービスによって私たちの世界に今まで無かった新たな文化的価値を生み出している起業家を「文化起業家」と呼び、彼らの起業ストーリーや取り組みについて伺うトークイベントです。

■今回の文化起業家
今回のゲストは、芸術を軸に様々なジャンルのコミュニティづくりを行っている文化活動家のアサダワタル 氏です。
まちづくり、障害福祉、子育て、住宅政策、キャリアデザインなど領域を越境したコミュニティづくりに関わりながら、事業を創出していく独特な手法について学び、起業へのモチベーションアップや、複業・スモールビジネス、社会活動などの参考にしていただきたい企画です。

【こんな人にオススメ】
◎小規模かつニッチな領域や趣味で事業を立ち上げようとする方
◎コミュニティを作りたいと考えている方
◎自身で何らかの表現活動を行っている方

日時 2018年04月27日(金) 19:00〜21:00
開場時間 18:30
料金 無料
定員 100名
会場 TOKYO創業ステーション1F Startup Hub Tokyo
日本、東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


今回のテーマ

今回は日常をデザインする表現者をテーマとして、文化活動家アサダワタル氏をゲストに迎えます。

音楽活動を起点にしてはじまった独自の生き方として、まちづくり、障害福祉、子育て、住宅政策、キャリアデザインなど領域を越境しながら、個性と創造性がのびのびと生かされるコミュニティづくりを行っています。

社会の中で一見すると仕事が成り立ちにくそうな領域を様々な形で接合させ、事業を創り出していく彼の社会への交わり方について、「住み開きアートプロジェクト」をはじめとした様々なプロジェクトを紹介しながら学んでいきます。

 

【話のポイント】
◎自らの軸となる能力を横展開する力
◎複数の領域で事業をすることで生まれる循環やネットワーク
◎表現者という生業を、社会の中で成立させていく力

タイムテーブル

19:00-19:10 はじめに
19:10-20:20 トークセッション
20:20-21:00 Q&A

今回の文化起業家

アサダワタル(アーティスト、文筆家、博士(学術)。自称“文化活動家”)
1979年生まれ。大阪出身・東京在住。
オフィス事編kotoami 代表、大阪市立大学都市研究プラザ 博士研究員。
サウンドメディアプロジェクト「SjQ/SjQ++」ドラマー。
言葉や音楽を手立てに、人々の日常生活・コミュニティときわめて近接した文化活動(アートプロジェクト、ワークショップ)を各地で展開。芸術を軸にしつつもまちづくり、障害福祉、子育て、住宅政策、キャリアデザインなど領域を節操無く越境しながら、個性と創造性がのびのびと生かされるコミュニティづくりに勤しんでいる。また、極めてローカルな実践を、文筆と研究を通じて言語化し、広く社会に提唱することも大切にしている。
実践と並行して、滋賀県立大学大学院環境科学研究科にて2016年に学位論文『音楽による想起がもたらすコミュニケーションデザインの研究』で博士号取得。現在、大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。これまで神戸女学院大学文学部、立命館大学映像学部、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師として、「表現と社会」にまつわる独自の研究・講義に務めてきた。
代表的な著作に『住み開き 家から始めるコミュニティ』(筑摩書房)、『コミュニティ難民のススメ 表現と仕事のハザマにあること』(木楽舎)、『表現のたね』(モ*クシュラ)、 『アール・ブリュット アート 日本』(編著、平凡社)など。
またグループワークとしては、サウンドメディアプロジェクト「SjQ/SjQ++」のドラマーとして国内外の芸術祭やパフォーマンス公演に参加。2013年に国際的なメディアアートの賞「Prix Ars Electoronica」にて、優秀賞(デジタルミュージック部門)を受賞。

■オフィス事編kotoami(https://www.kotoami.org/

過去に開催された文化起業家シリーズのイベントレポート

・複雑な世界を複雑なまま触れる、手段としての起業
ゲスト:ドミニク・チェン 氏(株式会社ディヴィデュアル共同創業者/NPOコモンスフィア理事)
https://startuphub.tokyo/magazine/creative02

・街と街が、国を超えて自律的につながる景色が見たい
ゲスト:内田 友紀 氏 (株式会社リ・パブリック共同代表)
https://startuphub.tokyo/magazine/creative03

・服で日常に劇場を作り出すために起業した
ゲスト:金森 香 氏(シアタープロダクツ創業メンバー / NPO法人ドリフターズ・インターナショナル 理事)
https://startuphub.tokyo/magazine/creative04

・障害者や健常者という枠組みのない未来が見たい
ゲスト:遠藤 謙 氏(株式会社Xiborg 代表取締役社長)
https://startuphub.tokyo/magazine/creative05

・「耳で読む」を広めて、誰もが当たり前に情報にアクセスできる未来をつくりたい
ゲスト:上田 渉 氏(株式会社オトバンク 代表取締役会長)
https://startuphub.tokyo/magazine/creative06

・〈本〉はまだまだ可能性 を秘めたメディア
ゲスト:中島 佑介氏(アートブックショップ「POST」代表)

※イベントの開始後15分を過ぎた時点で、キャンセル待ちの方のご案内を開始致します。イベント参加へのお申込みが完了していた場合でも、15分以上遅れた場合はお席の混み具合によってはご参加いただけない場合がありますので何卒ご了承下さい。

 


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


PAGE TOP