EVENTS

「フューチャーセッション」で出逢う起業ビジョン・事業計画のタネ

近未来の日本、TOKYOはどのようになっているでしょう? 日常生活にはどのような光景が広がり、その中で私たちはどのような新しい「しごと」「事業」を生み出しているでしょう? 人口構造、エネルギー、テクノロジー、環境、仮想通貨などをふくめた経済圏、文化、衣食住、物流、移動、働きかた、生きかた、暮らしかた、コミュニティ・・・などさまざまな変化の先には、どのような未来社会が待ち受けていて、また創り出していけるでしょうか?

今回は、「想い」をもって社会を変えていこうとする人たちと「対話」を深めることで国内外におけるイノベーションを起こされている野村 恭彦 氏(株式会社フューチャーセッションズ代表取締役社長)をお迎えし、企業(Praivate Sector)、行政(Public Sector)、NGO・NPO・一般市民(Social Sector)、個人事業主など、セクターの壁を超えた協働とイノベーションの事例、さまざまな業界の動向、未来社会のビジョンなどについてお話を伺います。

一方的にお話を伺う「講義」「セミナー」スタイルではなく、参加者の皆さんとともに「対話」を深めながら、起業ビジョンや事業計画に活かすことのできるタネ(気づき)が生まれる場として「フューチャーセッション」スタイルで行います。

日時 2018年07月12日(木) 19:00〜21:00
開場時間 18:30
料金 無料
定員 80名
会場 Startup Hub Tokyo
TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


イベント内容について

起業を目指すにあたって、社会変化の動向をとらえ、(近)未来の社会の姿について予測を立てることは重要です。実現したい「事業アイディア」を練るのみでは、その時代の社会変化に即したニーズに本質的に応えられるとは限らないからです。

 

そこで今回は、企業・行政・NGO・NPO など多様なセクターを横断するプラットフォームの創出を目的に「フューチャーセッション」を国内外で開催、新たなビジネスを生み出されている野村 恭彦 氏(株式会社フューチャーセッションズ代表取締役社長)をお招きし、未来思考(バックキャスティング)による「未来のありたい姿(ビジョン)」の発想、現状からの延長とは異なる「問い」の設定、イノベーティブな事業アイディアの創出・深堀・実現化までのプロセスの一部を体験する場として、「フューチャーセッション」スタイルのワークショップにて開催します。

こんな方におすすめ

・解決したい社会課題が具体的にあり、起業を志している方
・企業(Praivate Sector)、行政(Public Sector)、NGO・NPO・一般市民(Social Sector)、個人事業主など、セクターの壁を越えたイノベーションに関心があり、よりよい未来を創るための協働に支えられた「起業」をしたいと考えている方
・「対話から起こすイノベーション」「未来志向(バックキャスティング)」「シナリオプランニング」「イノベーションファシリテーター」などのキーワードにピンと来る方
・起業を志す上で、物事の本質的な変化として「0」から「1」を生み出したいと考えており、そのためには良質な「問い」と、関わるステイクホルダーへのリスペクト、深い「対話」が必要だと感じている方

スケジュール 

19:00~19:10 イントロダクション

19:10~20:30    フューチャーセッション「より暮らしやすいTOKYOになるための未来のしごととは?」

20:30~20:50 Q&Aタイム

20:50~21:00     クロージング「イノベーションファシリテーター」としての起業

登壇者プロフィール

野村 恭彦 氏(株式会社フューチャーセッションズ代表取締役社長)

金沢工業大学 教授(K.I.T.虎ノ門大学院) 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM) 主幹研究員 / 博士(工学)

つくりたい未来は「市民自らが対話し実行する創意形成社会」。

慶應義塾大学修了後、富士ゼロックス株式会社入社。同社の「ドキュメントからナレッジへ」事業変革ビジョンづくりを経て、2000年に新規ナレッジサービス事業KDI(Knowledge Dynamics Initiative) を立ち上げた。2012年6月、企業、行政、NPOを横断する社会イノベーションをけん引するため、株式会社フューチャーセッションズを創業。

著書:「サラサラの組織」、「裏方ほどおいしい仕事はない」、「フューチャーセンターをつくろう」、監訳に「コミュニティ・オブ・プラクティス」、「ゲームストーミング」、「コネクト」、「シナリオ・プランニング――未来を描き、創造する」など

 

※イベントの開始後15分を過ぎた時点で、キャンセル待ちの方のご案内を開始致します。イベント参加へのお申込みが完了していた場合でも、15分以上遅れた場合はお席の混み具合によってはご参加いただけない場合がありますので何卒ご了承下さい。

 


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


PAGE TOP