EVENTS

マスターマインドイノベーションセミナー~先端テクノロジースタートアップ特集~

AIで社会を変えようとしているスタートアップ経営者にその構想をベースとなるテクノロジーを含め、語っていただきます。
プレゼンテーション終了後には、登壇者、参加者を交えたネットワーキングを予定しております。
登壇企業はスタートアップ企業であり、起業から現在に至るまでの苦労話や経緯、これから志す目標について織り交ぜていただきながら話していただきます。
参加者の方々で、これからAI関係や最先端テクノロジー関係で起業される方にとっては、先輩起業家との繋がりを持っていただく貴重な機会だと思います。

日時 2018年09月27日(木) 18:00〜20:00 ※交流会20:00〜21:00
開場時間 17:30
料金 無料
定員 100名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
主催者 マスターマインドビジネスコミュニティ

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


■■■■■■お申し込み方法■■■■■■

EMail:mmbc.ueda@gmail.com

もしくは下記URL、Peatix (ピーティックス)のページからもお申し込み可能です。

(※外部サイトへ遷移します。会員登録がお済みでない場合、別途、登録手続きが発生します。)

http://mmbc927.peatix.com

マスターマインドビジネスコミュニテイとは

本会はオープンイノベーションのプラットホームとして、大企業とスタートアップ、地方を結び、明日の日本社会に貢献することを目的とします。H30.4現在メンバー約1000名。

イベント概要

AIで社会を変えようとしているスタートアップ経営者にその構想をベースとなるテクノロジーを含め、語っていただきます。プレゼンテーション終了後には、登壇者、参加者を交えたネットワーキングを予定しております。

スケジュール

17:30- 開場

18:00-20:00 プレゼンテーション

・株式会社Nextraemer 代表取締役CEO 向井 永宏 氏

【テーマ】「知能システムの社会実装に向けて」

・株式会社Novera 代表取締役CEO 遠藤 国忠 氏

【テーマ】4800年の「鏡」の歴史へのNoveraの挑戦~「なりたい自分」に希望が持てる世界をつくる~

・コグニティ株式会社 代表取締役 河野 理愛 氏

【テーマ】「AIで売れるトークの秘密を解明!〜経営課題の暗黙知を数値化する技術〜」

・アドウェル株式会社 代表取締役 小原 一樹 氏

【テーマ】「決済履歴から食のライフログへ食のヘルスケア アプリ【SIRU+(シルタス)】」

・ユニロボット株式会社 代表取締役 酒井 拓 氏

【テーマ】個性を学習するパートナーロボット「ユニボ」と、パーソナルAI

・株式会社エアロネクスト 代表取締役CEO 田路 圭輔 氏

【テーマ】「次世代ドローン・アーキテクチャー研究所」

20:00-21:00 ネットワーキング

登壇者

向井 永宏 氏(株式会社Nextraemer 代表取締役CEO)

【経歴】

岐阜県中津川市生まれ。金沢大学卒業。

2000年大学卒業後、大手国内メーカーにSEとして入社後、

シンガポール資本のITベンチャーに転職し海外開発案件に従事。

2012年10月株式会社Nextremerを設立。

【事業内容】

自然言語処理を活用した対話システム構築事業

画像認識/解析技術を用いたアルゴリズム事業

 

 

遠藤 国忠 氏(株式会社Novera 代表取締役CEO)

【経歴】

2011年に会津大学を卒業し、株式会社サイバーエージェントに新卒入社。マッチングサービスに企画とエンジニアの両面から携わった後、スマートフォン向けソーシャルゲーム「ミリオンチェイン」のプロデューサー・ディレクター、「ガールフレンド(♪)」のリードプランナーなどを経験。

2016年末に退職。

2017年1月に株式会社Noveraを創業し、代表取締役CEOに就任。

【事業内容】

声優を活用した次世代スマートミラー「novera mirror」を開発しています。「novera mirror」は、毎日の顔から得られる情報(表情, 健康状態, メイク状態, 心拍数など)を元に、心理学、美容や医学などのエビデンスに基き、利用者が他者との比較ではなく、自身の内側から美を見つめることで、無理なく「美しくありたい」気持ちを持ち続けられるように対話やビューティーサポートを行う鏡です。

 

 

河野 理愛 氏(コグニティ株式会社 代表取締役 )

【経歴】

1982年生まれ、徳島県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業。

大学在学中の2001年にNPO法人を設立、代表として経営を行う。

2005年にソニー株式会社入社、カメラ事業を中心に、経営戦略・商品企画に従事。

2011年に株式会社ディー・エヌ・エー入社、ソーシャルゲームの海外展開を担当。

2013年、コグニティ株式会社を設立。

【事業内容】

「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。文脈解析を強みとするトーク評価サービスUpSighterを展開する。

 

 

小原 一樹 氏(アドウェル株式会社 代表取締役) 

【経歴】

ID-POSデータをヘルスケアに活用することをテーマとして、大手流通との概念検証をきっかけに2016年11月にアドウェルを設立。購買データから消費者の”食の嗜好性”と”健康志向性”を導き出す 「嗜好学習性AI」を開発。健康行動をモチベーションに委ねるのではなく、意識せずに自然と健康行動が習慣化される仕組みづくりを目指す。また、購買データと医療データを紐付け、特徴量の抽出なども手掛ける。経済産業省所管のNEDOの「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」にも参加。

【事業内容】

日常の食生活(栄養)の偏りを誰もが知ることができ、改善するためのアクションを手間なく行える仕組みをつくります。 従来だと一日複数回の食事を記録していくことでしか、栄養の偏りを知るすべがなく、その作業は大きな負担になります。本事業では、食事の前段階である買い物に着目し、買い物の癖を分析することで、家庭全体の栄養偏向を見える化。栄養偏向を改善するために食べたほうがいい食品やレシピをレコメンドすることで、普段の買い物を通して健康的な食生活を送れるようにします。日々の買い物を健康的にシフトさせることで、自然と食生活も健康になっていくサービスを開発しています。

 

 

酒井 拓 氏 (ユニロボット株式会社 代表取締役) 

【経歴】

1977年千葉生まれ。慶応義塾大学 経済学部卒業。

住友商事入社、米国住友商事でも勤務。主に基幹系や業績管理システム等のプロジェクトマネージャーを歴任。ユニロボット株式会社を創業し、代表取締役に就任。

2015年 アジア最大級のオープンイノベーションの式典「ILS」で、グローバルイノベーションの分野でTOP10企業に選出。

2016年 富士通アクセラレータプログラムで最優秀賞を受賞 。

2017年 高齢者向けのビジネスコンテスト AGING2.0 TOKYO GLOBALSTARTUP SEARCHで優秀賞と、オーディエンス賞をダブル受賞 スタートワールドカップの日本ファイナリストTOP10社に選出。

【事業内容】

個性を学習する初のパートナーロボット「ユニボ」の開発、販売を手掛ける。パーソナル領域が強みで、組み込み系の対話エンジン、感情解析、記憶するAI等を独自開発し、今後ロボティックスだけではなく、様々なハードウェアにライセンス供給を目指す。

 

 

田路 圭輔 氏(株式会社エアロネクスト 代表取締役CEO

【経歴】

兵庫県姫路市出身。大阪大学工学部建築工学科卒。

1991年、株式会社電通入社。主にセールスプロモーション領域の業務に従事した後、新規事業開発を担当。

1999年、テレビ放送のデジタル化を契機に電子番組表(EPG)に着目し、電通と米国ジェムスター社の合弁で株式会社インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)を共同設立。代表取締役社長としてEPGのデファクトスタンダードとなった 「Gガイド」の普及・市場化を実現。

2017年7月、株式会社DRONE iPLAB(DIPL)を共同創業し、取締役副社長に就任。DIPLとの資本業務提携を機に同年11月より株式会社エアロネクストに代表取締役CEOとして参画。

【事業内容】

エアロネクストは、ドローン機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所です。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマは、姿勢制御で、重心制御技術(4D Gravity™)に強みを持つ機体開発をおこなっています。

お問い合わせ

担当:上田 淳一(マスターマインドビジネスコミュニティ事務局)

TEL:080-2143-0190

E-Mail:mmbc.ueda@gmail.com

HP:http://mmbc927.peatix.com

 

■■■■■■お申し込み方法■■■■■■

EMail:mmbc.ueda@gmail.com

もしくは下記URL、Peatix (ピーティックス)のページからもお申し込み可能です。

(※外部サイトへ遷移します。会員登録がお済みでない場合、別途、登録手続きが発生します。)

http://mmbc927.peatix.com


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


PAGE TOP