EVENTS

『起業のための「顧客」リサーチテクニック』〜ムダな「プロトタイピング」で時間と資金を浪費しない方法〜

この講座では、日系・外資のリサーチ会社と、シャネルやリーバイスといった欧米ブランド企業双方で、事業創造やブランド構築のためのリサーチ経験を豊富に持つ専門家の光成章氏に、「顧客との正しい対話」を実現するリサーチの考え方やテクニックの基礎を学びます。それにより、起業家がリサーチを自身で正しく実行できるようになることを目指します。限られた時間の中で、無駄な開発費をかけずに、顧客に刺さるプロダクトを創るには、企画段階から顧客の本音を引き出す「リサーチ」を行い、プロダクトの改善を重ねなければなりません。 正しいリサーチなき「プロトタイピング」は、時間とお金のみならず、創業チームの士気も損ないます。

日時 2018年10月22日(月) 19:00〜21:00
開場時間 18:30
料金 3,000円
定員 20名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
主催者 WASEDA NEO プログラム・プロデューサー 高橋 龍征

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


■■■■■■お申込み方法■■■■■■

下記URLよりお申込みください。

https://20181022.peatix.com/

(※外部のウェブサイトに移動します。会員登録がお済みでない場合は別途、手続きが発生します。)

イベント内容

限られた時間の中で、無駄な開発費をかけずに、顧客に刺さるプロダクトを創るには、企画段階から顧客の本音を引き出す「リサーチ」を行い、プロダクトの改善を重ねなければなりません。

正しいリサーチなき「プロトタイピング」は、時間とお金のみならず、創業チームの士気も損ないます。

この講座では、日系・外資のリサーチ会社と、シャネルやリーバイスといった欧米ブランド企業双方で、事業創造やブランド構築のためのリサーチ経験を豊富に持つ専門家の光成章氏に、「顧客との正しい対話」を実現するリサーチの考え方やテクニックの基礎を学びます。それにより、起業家がリサーチを自身で正しく実行できるようになることを目指します。

参加対象者

新規事業の仮説検証を企画・実施する方

スケジュール

19:00 – 20:30(90分)
– 講義と実践
1. プロトタイピングに「顧客リサーチ」を取り入れることの有効性
2.「顧客リサーチ」実施にあたって注意すべきこと、その理由
3.「顧客リサーチ(インタビュー)」計画書の作成
4.「顧客インタビュー」ガイドの作成
20:30 – 21:00(30分)
– 質疑応答・ネットワーキング

登壇者

光成 章 氏(ジャートム株式会社 代表取締役)

早稲田大学社会科学部卒業。社会人としての最初の10年は矢野経済研究所、マッキャンエリクソン博報堂市場調査事業部(インフォプラン)等の市場調査会社に所属し、各業種からの各種依頼調査に携わりつつ、調査のあらゆる手法について「修行」を積む。その後ブランドサイドに身を転じ、リーバイストラウス、シャネルでの22年間は、それぞれアジアパシフィック、日本において、リサーチ、カスタマーリレーションのマネージャー、ディレクターを歴任。2018年6月に独立し、ジャートム株式会社を設立(代表取締役)。
日系・外資のリサーチ会社と欧米ブランド企業両方での経験に基づく「タイムリーに役立つ正しいリサーチ」を信条とし、顧客の深層心理に迫る質問の組み立てを特に得意とする。事業戦略とブランディングの実現に関しては、全社を巻き込むプロジェクト推進を通してリサーチの枠を超えた実績経験も豊富。
福井県福井市出身で、現在、福井県ブランド大使、福井市応援隊所属。

お問合せ先

お問い合わせ、ご予約に関すること(予約キャンセルなど)は下記までご連絡ください。

電話番号:090-9230-7303

e-mail:8cchobori@gmail.com

担当者:高橋

 

■■■■■■お申込み方法■■■■■■

下記URLよりお申込みください。

https://20181022.peatix.com/

(※外部のウェブサイトに移動します。会員登録がお済みでない場合は別途、手続きが発生します。)


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


PAGE TOP