EVENTS

つながりをはぐくむ、まちをつくる起業家  社会起業家シリーズ#21

スタハ開所当初より多様な「社会起業家(ソーシャルイノベーター)」にご登壇いただき、「なぜ起業したのか?」「どのように事業継続性を保っているのか?」「どのようにビジネスモデルを見つけていったのか?」など、自分の想いを事業にして、社会変革を目指す「社会起業家」の本音に迫ってきたトークイベントシリーズ。

第21回は、「つながりをはぐくむ、まちをつくる」というビジョンの下、「木造賃貸アパート」を社会資源と捉え、「まち」「都市」再生のためのさまざまなプロジェクトを進められている先輩起業家、NPO法人モクチン企画代表 連 勇太朗氏をお招きし、お話を伺います。

■おすすめの方:
・起業を検討・準備中であり「DIY」に関心のある方
・起業を検討・準備中であり「まちづくり」に関心のある方
・起業を検討・準備中であり「空き家を活用するビジネス」に関心のある方
・起業を検討・準備中であり「アーティストとの協働」に関心のある方

日時 2018年12月17日(月) 19:00~21:00
開場時間 18:30
料金 無料
定員 100名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


今回のテーマ

「人口減少社会」が進行する現代において、「まちづくり」の新たな可能性への挑戦が必要とされています。今回お招きするゲスト 連 勇太朗氏(NPO法人モクチン企画 代表)は、「つながりをはぐくむ、まちをつくる」というビジョンの下、「木造賃貸アパート(木賃アパート)」の再生と「まちのコミュニティ」の再生を同時に取り組まれ、日々新たな「まちの風景」と、その場から生み出されるつながりを描き・創られている起業家です。

 

現代の喫緊の社会課題について、遊びゴコロを持って挑む連氏のまなざしとは?「暮らし」「まちづくり」のこれまで・現在・これからとは?自分たちの手で「生活」「住まい」「まちの風景」を「作りだしていく」面白さとは?日々変化と進化をとげる「社会」を見渡す際の着目点や、近未来へむけて気になっていることとは? など、さまざまなお話を伺います。

背景

 1960年代から1980年代、日本では都市部における人口が急激に増加し、その対応策の一つとして、木賃アパートが誕生しました。中でも、ピークを迎えた1970年代には、都民の「4分の1」にあたる60万世帯が木賃アパートの住人だったと言われています。

 

しかし、時代の変遷を経て、「建物の老朽化」「収益性の低下」「前近代的な機能」などの観点から、それらの役割が見直されてきています。この際に課題となっているのは、建物一つ一つは「個人所有」であるケースが多いことから、建替えや大規模改修のための資金調達が困難であるという点。また、周辺の「法整備」もまだまだ途上にあるという点です。これらの背景から、木賃アパートはその周辺地域の中で決して良好的な環境を形成しているとは言えないケースも多々あり、物件そのものにも、まちの風景自体にも再び息を吹き込むことが求められているのです。

 

かつては人の「温もり」があった建物たちも、「空き家」となってしまっては周辺地域から浮いてしまうもの……。建物という「物理的な資源」は活かされず、さらにそこから「はぐくまれる」はずだった人々の想いや社会的な文化が失われていくことは、とても勿体ないことです。

 

このための抜本的な対策として、NPO法人モクチン企画は、木賃アパートを「重要な社会資源」と捉えることで「再生」に取り組み、またその担い手が増え、さまざまな文化が継承されていき、新たな文化がはぐくまれてゆくよう、多方面な事業展開をされています。

タイムテーブル

19:00~19:10 イントロダクション
19:10~20:10 トークイベント「つながりをはぐくむ、まちをつくる起業家」(NPO法人モクチン企画 代表 連 勇太朗氏)
20:10~20:50 Q&A
20:50~21:00    クロージング

今回の社会起業家

連 勇太朗(むらじ ゆうたろう)氏
NPO法人モクチン企画代表理事/株式会社@カマタ代表取締役/慶應義塾大学大学院特任助教/横浜国立大学大学院非常勤講師/法政大学非常勤講師
1987年神奈川県生まれ。2012年慶應義塾大学大学院修了。古くなったアパートを低予算で魅力的に改修する方法を「モクチンレシピ」としてウェブで公開し、様々な主体と協働するモクチン企画を2012年に設立。主な著書「モクチンメソッドー都市を変える木賃アパート改修戦略(学芸出版社)」

 

特定非営利活動法人 モクチン企画

事業内容:
1.木賃アパート再生のコンサルティングおよび修繕・改修事業
2.木賃アパートの再生手法を普及するためのマニュアルの開発管理事業
3.木賃アパートに関連した住環境やライフスタイルの調査研究事業
4.プロジェクトの広域的普及のための啓発活動および講演・セミナー・出版事業
5.その他、この法人の目的を達成するために必要とする事業

 

木賃アパート単体は誰かの所有物であり、都市スケールで考えればとても小さな「点」 だが、数の多さ(量)で捉えてみると、「まちの風景」に影響を及ぼすだけの社会的インパクトがある。「住み手・貸し手・作り手の創造的な関係性をネットワーク/コミュニティ」として構築し、「モクチンレシピ」というデザインツールを公開し提供することで、木賃アパートの再生を展開している。

 

※イベントの開始後15分を過ぎた時点で、キャンセル待ちの方のご案内を開始致します。イベント参加へのお申込みが完了していた場合でも、15分以上遅れた場合はお席の混み具合によってはご参加いただけない場合がありますので何卒ご了承下さい。

※当日は、本イベントの情報発信のために写真や動画を撮影致します。お客様が写り込む場合がありますが、予めご了承ください。


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


PAGE TOP