EVENTS

マスターマインドイノベーションセミナー ~すごいスタートアップ特集〜

過去に東洋経済「すごいベンチャー100」特集に掲載された企業4社の経営者に登壇いただき、現在展開しているビジネスモデル、起業~現在~未来にいたるストーリーを語っていただきます。プレゼンテーション終了後に起業家のロールモデルとなる経営者とのネットワーキングの時間を設けます。

【こんな方におすすめ】
・起業準備段階の方。
・先輩起業家のお話やアドバイスを参考にしたい方。
・先輩起業家と交流したい方。

日時 2019年03月07日(木) 18:00〜21:00
開場時間 17:30
料金 無料
定員 100名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
主催者 マスターマインドビジネスコミュニティ

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


■■■■■■お申込み方法■■■■■■

下記URLよりお申込みください。

https://20190307mmbc.peatix.com/

(※外部のウェブサイトに移動します。会員登録がお済みでない場合は別途、手続きが発生します。)

マスターマインドビジネスコミュニティとは

本会はオープンイノベーションのプラットホームとして、大企業とベンチャー、地方を結び、明日の日本社会に貢献することを目的とします。

(H30.4現在メンバー約1,000名)

スケジュール

18:00~18:05 施設説明
18:05~18:10 マスターマインドビジネスコミュニティについて
18:10~20:00 プレゼンテーション(1社20分 全5社)
20:00~21:00 ネットワーキング

登壇者

【プレゼンテーション】

浅野 友行氏 RFルーカス株式会社 事業企画部 部長

[登壇テーマ]

「RFIDの位置特定技術で創り出す物流管理の未来像」
[経歴]

2005年 京都大学法学部卒業

2005年 丸紅株式会社入社 石油貿易部配属

2009年 ドーハ支店駐在

2013年 Kellogg School of Management 米国MBA留学

2015年 エネルギー本部復職

2017年 株式会社トライステージ入社

日本ヘルスケアアドバイザーズ取締役

2018年 RFルーカス株式会社入社
[事業内容]
RFIDタグのついた物品を高速・高精度に特定できるアプリ「P3 Mapper SDK」を開発。RFIDは倉庫業務など物流の効率化や、アパレル産業における商品管理や無人レジに採用されており、人手不足などの社会的な課題を背景に、活用の場を急速に拡大している技術である。このRFIDの次世代化を視野に、同社のソフトウェアとAIやロボットを組み合わせることで、無人での自動棚卸しや、リアルタイムでの在庫管理の実現を目指している。

 

井上 まき氏 株式会社AsMama 広報シニアマネージャー

[プロフィール準備中]

 

 

千保 理氏 株式会社情報基盤開発 CFO

[登壇テーマ]
「AltPaperのご紹介」
[経歴]

ロンドン日本人学校中学部、東京学芸大学教育学部附属高等学校、東京大学経済学部経済学科を経て、東京大学大学院経済学研究科修士課程企業・市場専攻修了。専門は企業金融(コーポレート・ファイナンス)。生命保険会社のシステム子会社にて勤務した後、株式会社情報基盤開発にCFOとして参画。Microsoft Innovation Award 2015にて勤務先が優秀賞を受賞した際のプレゼンター。融資による資金調達を得意としている。弥生株式会社主催の経理講座の講師。マイナビニュースにて週刊連載。https://news.mynavi.jp/series/debt_finance
[事業内容]
2004年創業の画像認識処理に強みのある東京大学発IT企業。
下記のソフトウェア・サービスを提供している。
・橋梁維持管理支援システム「橋守Eagle−eye」
・データ入力業務支援ソフトウェア「AltPaper」
・「AltPaperストレスチェックキット」
顧客数1,500社、従業員60名。

 

関 洋二郎氏 株式会社xenodata lab. 代表取締役CEO

[登壇テーマ]

「自然言語処理を用いたニュース分析による経済・業績予測」
[経歴]

慶應義塾大学商学部在学中に公認会計士2次試験に合格し、在学中よりあらた監査法人(現PwCあらた監査法人)にて、メーカー、小売り、卸売業を中心に上場/未上場企業の財務諸表監査、内部統制監査などの公認会計士業務のみだけでなく、システム監査、データ監査業務など、IT統制にも従事する。2012年に株式会社ユーザベースに入社し、アジア最大級ビジネスプラットフォームであるSPEEDA事業の事業開発部責任者として、国内外の市場環境調査、プロダクト戦略の立案、データサプライヤーとのアライアンス、仕様設計、リリース検証、本番運用の一連のプロセスについての執行を担当。また、2013年にはユーザベース全社員投票により選出されるMVPを受賞。
[事業内容]

自然言語処理をコアにした独自のAIを用いてニュースを分析し、企業の業績を示唆する2018年11月にリリースしたサービス「xenoBrain」を開発・運営しております。他にも、開示資料のテキストを自動で解析し、決算発表後最速数十秒で決算分析レポートを提供するサービスも提供しております。金融機関に限らず、様々な人たちの経済・企業を分析するシーンの自動化を目指すFintechスタートアップでございます。

 

森口 倫氏 桃尾・松尾・難波法律事務所 パートナー弁護士

[登壇テーマ]

「ビジネスモデルと法規制(仮)」
[経歴]

早稲田大学法学部卒業(ゼミは憲法、証券取引法(モグリ))。2004年弁護士登録、2009~2010年金融庁総務企画局市場課専門官(金融商品取引法担当)。2014年King’s College London 卒業(LL.M)。企業をめぐる法律問題について、契約書作成、紛争解決や業規制の問題を含め幅広い経験を有する。近年は、人工知能やFintech関連分野の動向もフォローしている。対応する顧客層は、大企業・外資系企業から、ベンチャー・スタートアップ、個人まで幅広い。ただし、離婚事件は受けないポリシー(他の弁護士をご紹介します)。

(所属)

第一東京弁護士会金融商品取引法研究部会員、Fintech協会個人会員など

(主な執筆記事)

・「2018年株主総会の留意点」(BUSINESS LAWYERSウェブサイト)

・「市場取引、金融サービス、コンプライアンスにおけるAIの活用」ビジネス法務2018年2月号

(趣味)将棋観戦、野球観戦、クラシック音楽、酒
[事業内容]

1989年4月設立、弁護士40名強の法律事務所。パートナーの専門分野はM&A、コンプライアンス、知的財産権、ベンチャー・IT、不動産・建設、労働、金融・証券、倒産、独禁法、薬事、国際仲裁と多岐にわたっており、企業の直面する法的課題をほぼ網羅する。規模の割にパワハラ系パートナーがいないことが強み(私見)。

お問い合わせ

担当:上田 淳一(マスターマインドビジネスコミュニティ事務局)

E-Mail:mmbc.ueda@gmail.com

■■■■■■お申込み方法■■■■■■

下記URLよりお申込みください。

https://20190307mmbc.peatix.com/

(※外部のウェブサイトに移動します。会員登録がお済みでない場合は別途、手続きが発生します。)


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


PAGE TOP