EVENTS

SDGs×起業#03 つながりが育む住みやすい街づくり

2018年度まで、「社会起業家シリーズ」「文化起業家シリーズ」として開催していたイベントを「SDGs×起業」シリーズとしてリニューアルしました。社会の課題に対して、新たな視点を持ったアイデアで解決し、活躍する起業家をゲストにお招きし、トークイベントを開催。社会課題解決から、よりよい未来社会について一緒に考えていきます。

今回はHITOTOWA INC. の代表、荒氏をお招きします。荒氏は都市での助け合いから生まれる信頼関係を通じて、防災・減災、孤独な子育て、独居老人の増加、環境問題などの都市部に潜む社会課題解決を事業とされています。都市に根ざした事業によって、将来にわたり住み続けられる街づくりの方法などお話していただきます。
また「サッカー」を通じて、防災・減災などの活動を行っており、今までにない面白い発想で課題解決されている点も要チェックです!

【こんな方におすすめ】
ソーシャルビジネスに関心がある
都市における社会課題を解決する起業を検討している
SDGsに関連した起業を検討している

日時 2019年08月28日(水) 19:00~21:00
開場時間 18:30
料金 無料
定員 100名
会場 東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

※外務省HPより引用

SDGs×起業シリーズとは

SDGsの17のゴールのうち、私たちが身近に感じている社会課題をピックアップし、それに関連した社会課題(ゴール)を事業として解決されている起業家をお招きして、実際の活動内容や事例、また起業家のSDGsの向き合い方などをお話いただき、SDGsに関連するソーシャルビジネスで起業される方にとって、今後活動する中でのヒントにつながるイベントです。

【今回の主なゴール】

トーク内容

その都市に長く住み続けるためには、その都市のコミュニティをどう開発し、維持、発展していくかが、今まで以上に重要となってきます。今回ご登壇いただく荒氏は近くに住む人々の信頼関係づくりを通じ、防災・減災、孤独な子育て、独居老人の増加、環境問題などの都市における社会課題を新しい事業の形で解決されています。

・HITOTOWA INC.の事業としての取り組み
・都市における社会課題とは
・信頼のおけるコミュニティの作り方(ネイバーフッドデザインとは)
・サッカーを通じた防災減災と震災復興事業
・今後の展望

 

スケジュール

19:00~19:05 施設説明
19:05~19:15 はじめに
19:15~20:20 トークセッション 荒 昌史氏 (HITOTOWA INC. 代表取締役)
20:20~21:00 対談形式による質疑応答

登壇者

荒 昌史氏  HITOTOWA INC. 代表取締役

1980年生まれ。デベロッパー在籍時のCSR部署の立ち上げを経て、2010年にHITOTOWA INC.を創業。集合住宅を軸にした人々のつながりをつくることで都市の社会課題を解決するネイバーフッドデザイン事業、サッカー・フットサルを通じた課題解決を行うソーシャルフットボール事業を展開。マニュフェスト大賞 優秀復興支援・防災減災賞やグッドデザイン賞等を受賞。 東京都住宅政策審議会委員、Jリーグ社会連携検討部会委員等を歴任。障がいの有無に関係なく、健常者のリーグで高みを目指すインクルーシブ・フットサルチーム「バルドラール浦安デフィオ」に選手として所属。

 

 

モデレーター
林 曉甫氏 NPO法人インビジブル マネージング・ディレクター
1984年東京生まれ。立命館アジア太平洋大学アジア太平洋マネジメント学部卒業。卒業後、NPO法人BEPPU PROJECTにて公共空間や商業施設などを利用したアートプロジェクトの企画運営を行い、文化芸術を通じた地域活性化や観光振興に携わる。2015年にNPO法人インビジブルを設立し現在に至る。別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」事務局長(2012、別府)、鳥取藝住祭総合ディレクター(2014、2015、鳥取)、六本木アートナイトプログラムディレクター(2014〜2016、東京)。

 

※イベントの開始後15分を過ぎた時点で、キャンセル待ちの方のご案内を開始致します。イベント参加へのお申込みが完了していた場合でも、15分以上遅れた場合はお席の混み具合によってはご参加いただけない場合がありますので何卒ご了承下さい。

※当日は、本イベントの情報発信のために写真や動画を撮影致します。お客様が写り込む場合がありますが、予めご了承ください。

 


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


PAGE TOP