EVENTS

【SDGs×海外ソーシャルビジネス】現地起業家と協業して社会をかえる方法

「現地の社会起業家と協業することで、本質的な社会問題が解決できる」
世界の社会起業家とのマッチングサービスを展開する#value!が、カンボジア人社会起業家と、日系スタートアップや個人のマッチング事例をご紹介します。カンボジアからの特別ゲストもビデオ中継にて参加予定です!

※開場時間が12:30→12:45に変更となりましたのでご注意ください。

日時 2019年09月21日(土) 13:00〜14:30 ※交流会14:30~15:30
開場時間 12:45
料金 無料
定員 100名
会場 東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
主催者 #value!

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


■■■■■■お申し込み方法■■■■■■

https://forms.gle/tKwyBY5mN5guZa6A6

 (※外部のウェブサイトに移動します。)

 

 

イベント内容

カンボジア人社会起業家の事業内容・マッチング事例の紹介

カンボジア人社会起業家の事業内容を紹介します。

社会起業家が取り組む事業は、福祉、環境、食品、モノづくり、インフラなど多岐にわたります。
社会起業家と日系スタートアップや個人のマッチング事例、それによる社会的インパクトについて、個別の事例をもとにお話しします!

 

カンボジアから特別ゲスト

当日はビデオ中継でカンボジアとつなぎ、カンボジア障がい者支援団体を立ち上げたPPCILサミス氏、フォーブスが選ぶ「世界を変える30歳未満の30人」に選ばれた、コオロギの大量繁殖技術で食糧問題の解決を目指すECOLOGGIE代表葦苅氏に、お二人の協業事例についてお話しいただきます。
(日本語でのセッションとなります。)

 

交流会ではカンボジアのお菓子の試食

交流会では、サミス氏が、障がい者雇用事業のために展開しているカンボジアのお菓子を試食することができます!
また、社会起業家が展開するエシカルブランドの「カンボジアシルクスカーフ」などの製品の展示もございます!

 

■カンボジア人社会起業家と情報交換・協業している様子

 

スケジュール 

12:45 開場

13:00〜13:30 カンボジアソーシャルビジネスの現状共有と協業事例紹介 (#value!原畑氏)

13:30〜14:00 トークセッション (モデレーター: #value!代表原畑氏/スピーカーECOLOGGIE葦苅氏・PPCILサミス・メイ氏) ※スピーカーのお二方への質疑応答が可能です

14:00〜14:30 質疑応答・ディスカッション

14:30〜15:30 交流会/アンケート回答(自由参加)

こんな方におすすめ

・ソーシャルビジネスに関心がある方

・社会起業家の活動を知りたい方

・海外での起業や新規事業のアイディアを探している方

・SDGsに関連した起業を検討している方

登壇者

#value! 代表 原畑 実央氏
1992年生まれ、愛媛県出身。松山大学卒業後、アリババジャパンに入社。
世界最大のBtoBのマッチングサイトであるアリババプラットフォームを用いた中小企業の海外進出支援に携わる。
2016年よりカンボジアプノンペンにある人材紹介会社Creative Diamond Links Co., Ltd.にマネージャーとして入社。カンボジア進出をする日系企業への人材面でのサポートに携わる。また、同オフィス内に本を自由に共有できるプノンペンブックポスト(通称PPBP)の設置、コミュニケーションが生まれるTシャツ「カンボジアT2.0」を340枚販売する。
2018年より、カンボジア人社会起業家と日系企業・個人をマッチングするプラットフォーム「#value!」設立。

 

ECOLOGGIE 代表 葦苅 晟矢氏(ビデオ中継にてカンボジアから参加)
1993年生まれ。早稲田大学商学部卒業。
同大学大学院先進理工学研究科在学中に「ECOLOGGIE(エコロギー)」 を創業。
コオロギの大量繁殖技術と養魚飼料としての普及で食料問題の解決を目指す。
現在はカンボジア在住。フォーブスが選ぶ「世界を変える30歳未満の30人」に選ばれる。

 

PPCIL 代表 サミス・メイ氏(ビデオ中継にてカンボジアから参加)
生後8ヶ月でポリオ(小児まひ)になり、14歳から車椅子での生活が始まる。中学卒業後、難民を助ける会カンボジアの訓練センターで、電気製品修理の講師として活躍。
2006年より、ダスキンのプログラムで、10ヶ月間の訓練を受けた後、2009年から、カンボジアで障がい者のための自立生活センターをカンボジアの首都プノンペンで設立。現在、カンボジア社会福祉省で、アドバイザーを担い、障がい者自立のための介助制度を国へ提案、バリアフリー化の推進事業、障がい者雇用のためのお菓子作り事業を行う。40歳、二児の父。日本語も堪能。

お問い合わせ

#value!

担当:原畑、樋口

TEL:080-3415-4712

MAIL:hashvaluex@gmail.com

 

 

 

■■■■■■お申し込み方法■■■■■■

https://forms.gle/tKwyBY5mN5guZa6A6

(※外部のウェブサイトに移動します。)


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


おすすめイベント

PAGE TOP