EVENTS

SDGs×起業#09 「構造化」を通して見る、社会問題へのアプローチとは?

2018年度まで、「社会起業家シリーズ」「文化起業家シリーズ」として開催していたイベントを「SDGs×起業」シリーズとしてリニューアルしました。社会の課題に対して、新たな視点を持ったアイデアで解決し、活躍する起業家をゲストにお招きし、トークイベントを開催。社会課題解決から、よりよい未来社会について一緒に考えていきます。

今回のSDGs×起業のゲストは、「社会の無関心を打破する」というミッションを掲げ、社会問題が発生している現場へのツアーや研修 、メディアを運営する、一般社団法人リディラバ代表の安部敏樹氏にお越しいただきます。

安部氏が代表を務めるリディラバでは、「社会の無関心」こそが多くの社会問題が解決されない原因であり、個人と実際に起きている社会問題との間にアクセス経路がないことが社会問題に無関心な状況を作り出している、と考えています。

そんな社会問題を考えるために、問題の全体像や背景、関係性を解きほぐし、真因を明らかにする「構造化」が大切だ、と安部さんは語ります。

今回は、社会問題とはそもそも何かという事から始まり、「構造化」を通してリディラバが得た知見、社会問題解決を事業に落とし込む方法等を伺います!

【こんな方におすすめ】
・社会問題に興味がある
・ソーシャルビジネスに関心がある
・社会起業家の話を聞いてみたい

日時 2020年01月30日(木) 19:00~21:00
開場時間 18:30
料金 無料
定員 100名
会場 東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

※外務省HPより引用

トーク内容

・そもそも、社会問題とは。
・「社会の無関心を打破する」ために何をしてきたか、今後の展望。
・社会課題の解決をビジネスの現場に落とし込むには何が必要か。

スケジュール

19:00~19:10 イントロダクション
19:10~19:15 ゲスト紹介:安部 敏樹氏
19:15~20:15 トークセッション
20:15~20:45 質疑応答
20:45~21:00 クロージング

登壇者

安部 敏樹氏 一般社団法人リディラバ代表理事
みんなが社会問題をツアーにして発信・共有するプラットフォーム「リディラバ」を2009年に設立。300種類以上の社会問題のスタディツアーの実績があり、これまで10,000人以上を社会問題の現場に送り込む。また中学・高校の修学旅行や企業研修などにもスタディツアーを提供する。スタディツアープラットフォーム「Travel the Problem」の開発・運用のほか2018年からは社会問題の構造を伝える会員制ウェブメディア「リディラバジャーナル」のサービス提供を開始。多方面から誰もが社会問題に触れやすい環境の整備を目指す。Forbesアジアを代表するU-30選出。総務省起業家甲子園日本一、学生起業家選手権優勝、ビジコン奈良ベンチャー部門トップ賞、KDDI∞ラボ第5期最優秀賞など受賞多数。第2回若者旅行を応援する取組表彰において観光庁長官賞(最優秀賞)を受賞。

 

【モデレーター】

高橋 邦之氏 NGOポレポレ代表

1973年東京都⽣まれ。

2000年エストニア⼿⼯芸品の輸⼊販売を開始。

2011年特定⾮営利活動法⼈ポレポレを設⽴。新興国の⼿⼯芸品の流通⽀援、技術協⼒を通じて、社会的課題の解決に取り組む。

2013年より読み書きのできない⼥性の⾃⽴⽀援、⽣計向上を⽀えるカンボジアのNPO「Stung Treng Womenʼs Development Cente(以下SWDC)」と協働中。SWDCの⼯房で⼿織りされているシルクスカーフ「メコンブルー」の流通⽀援を⾏っている。AERA「アジアで勝つ⽇本⼈100⼈」選定。

 

※イベントの開始後15分を過ぎた時点で、キャンセル待ちの方のご案内を開始致します。イベント参加へのお申込みが完了していた場合でも、15分以上遅れた場合はお席の混み具合によってはご参加いただけない場合がありますので何卒ご了承下さい。

※当日は、本イベントの情報発信のために写真や動画を撮影致します。お客様が写り込む場合がありますが、予めご了承ください。

 


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


おすすめイベント

PAGE TOP