EVENTS

【連続講座】大学生向け 超実践型起業体験プログラム 起業から始まる2ヶ月間

▶自分で人生を切り開きたい
▶自身の力で社会を変えたい

そんな大学生のあなたのための超実践型起業プログラムです。起業をすることからはじまる2ヶ月間、「起業家」という肩書きを手に入れたあなたは何を経験するのか。起業家として社会と関わることで、あなた自身の意識が変化し、新しい可能性や選択肢が見えてくるかもしれません。

日時 2017年08月02日(水) スタート(全3回)
料金 無料
定員 20名
会場 TOKYO創業ステーション1F Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

こんな大学生が対象です

・自分で人生を切り開く力を身に着けたい方

・自身の力で社会を変えたい方

・いつか起業をしたいと思っている方

 

プログラム

講義初回で起業の手続き(個人事業主登録)を行い、実社会で起業家として2ヶ月間生活する超実践型の起業体験プログラムです。プログラム中は、活動の報告へのフィードバックなどを通してあなたの起業生活をサポートします。起業したいと思っていて一歩踏み出せなかった方はもちろん、自分で人生を切り開く力を身に着けるために何かにチャレンジしたいという方にオススメです。

 

Day 1 開業する
8/2(水) 13:00〜16:00(開場:12:30)
開業書類を作成し、起業の日々をスタートさせる。

 

Day 2 変化を起こす
8/30(水) 13:00〜16:00(開場:12:30)
開業してからを振り返り、次の1ヶ月のアクションプランを立てる。

 

Day 3 自身のビジョン・ミッションを(仮)決定する
9/24(日) 13:00〜16:00(開場:12:30)
フリーランス/サラリーマン/起業家など、様々な働き方を検討し、好きなことを仕事にしていくためのエンジンとなる。

 

+講義の時間外 実践経験を積む
講義の時間以外に、実際の社会で、みずから動いて、感じて、考えるためにフィールドワークを行っていただき、毎週活動の報告を行っていただきます。

 

講師

佐々木 大也 氏
大学では建築意匠を学び、卒業後クラウドソーシング事業会社に入社しインバウンドマーケティング事業部の立ち上げを行う。その後、webシステム開発会社にて新規事業を担当しつつ、個人事業主として独立。現在は、クリエイター向けシェアハウス。新規事業向けのプロダクト開発を行う。また、Vilingベンチャーパートナーズ取締役へ就任し、教育領域の起業家への投資、学生向け起業家教育、STEAM教育事業の創出を行う。

杉崎 存紗 氏
上智大学5年生、学生専門コクリエーションデザイナー。大学では主席をとり、最年少で学会登壇。インターン先で企画したサービスが日本e-learning大賞を受賞。やりたいことをもった人を増やすことを目標に、スタートアップ・上海のベンチャーへの参画を経て、現在は高校・大学生専門で10〜400人規模のイベントのデザイン・運営を行う。

 

 

主催:Startup Hub Tokyo

企画協力:Vilingベンチャーパートナーズ

PAGE TOP