EVENTS

TOKYO MONOZUKURI MEETUP#02  『町工場×ものづくりベンチャーの可能性』

『モノづくり×起業』をテーマに定期的に開催している「Tokyo Monozukuri Meetup」。

今回のテーマは、『町工場×ものづくりベンチャーの可能性』ということで、
ハードウエアスタートアップが避けては通れない『試作開発』について掘り下げていきます。

Webサービスなどと異なり、『試作』『量産』などいくつもの壁が立ちはだかるハードウエアスタートアップ。
そんなハードウエアスタートアップの想いをカタチにするためのサポートプログラムの紹介や、実際にサポートを活用して生まれた事例も紹介。

また、約3,500の工場数を誇る日本有数の工業集積地である大田区から、実際にものづくり企業のかたにもお越しいただき、
試作・量産の部分で気をつけなければいけないポイントについても語っていただきます。
ものづくりでの起業に興味がある方ならどなたでも参加可能です。
ぜひご参加ください!

日時 2018年03月21日(水) 14:00-16:30
開場時間 13:30
料金 無料
定員 100名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


TOKYO MONOZUKURI MEETUPとは

モノづくりでの起業を考える方やそれをサポートする方など、『モノづくり×起業』に興味がある方なら

どなたでも参加いただけるMeetupイベントです。

タイムスケジュール

14:00-14:10  事務局挨拶

 

14:10-14:20  ものづくりベンチャーサポートプログラムのご紹介

『大田区はベンチャーの夢をカタチにします!』

大田区産業経済部工業振興担当 主任主事 後藤 真梨奈 氏

 

14:20-14:50  本サポートを使用したベンチャー企業からの経験&事例紹介

『 国際都市・大田区との連携で、開発から海外展開まで高速化 』
ハタプロ・ロボティクス株式会社 代表取締役  伊澤 諒太 氏

 

14:50-15:00 休憩

 

15:00-16:00  IoTベンチャーとものづくり企業とのトークセッション

『うまくいった?!実際の試作発注で起こったコトとは』

<登壇者>

IoTベンチャー企業:株式会社LiveRidge 澤和 寛昌 氏

大田区ものづくり企業:株式会社城南 小林 幸輔 氏

 

<モデレーター>

39Meister代表 / ドコモ39works 菊地 大輔 氏

 

16:00—16:30 ネットワーキング&試作に関しての個別相談タイム

 

登壇者のご紹介

伊澤 諒太 氏 ハタプロ・ロボティクス株式会社  代表取締役
小型AIロボットZUKKU(ズック)を開発しているハタプロ社の代表取締役。
「ZUKKU」は、身長わずか10cmのAIロボ。小型ながら自動応対による顧客への接客や店舗の見える化など商業に実践的な機能を持つサービスロボットとしての高い技術など評価を得、IBM Bluehub 日産自動車賞 受賞。三越伊勢丹、PARCOなどでの実証を経て様々な流通小売業、飲食賞、サービス業などへ導入が確定。
 。
 。
 。
 ・
澤和 寛昌 氏 株式会社LiveRidge 代表
医療介護系人材会社の営業職として、延べ500名の介護士/看護師のキャリアコンサルティング、100以上の医療介護事業者と取引。
その後ITベンチャーで無線やセンサーを活用したIoT新規事業立上げを複数経験。2015年に株式会社LiveRidgeを設立し、医療介護事業者の人材採用コンサル、採用管理システム開発等を手掛ける。2016年からはIoT事業に進出し、介護事業所、地方自治体向けにシステム開発・提案を行う。
 ・
 
小林 幸輔 氏 株式会社城南
自ら工業デザインを学びながら、3DCAD/CAMやNC加工機を使いこなし、デザインモックアップ等のプロダクト開発や機械設計を担当。
図面が無い状態からでも、手にとれる試作品の製作までを、コスト・納期を最大限に考慮した上で提案することをモットーとしている。
個人的には、会社の事業や利益に直接つながらなくとも、
お客様の熱意や困難に共鳴し、出来る限りのご提案と製品開発を行う。
 ・
 ・
菊地 大輔 氏 39Meister代表 / ドコモ39works
39Meister共同代表。ハードウェア・インキュベーションに加え、LoRaやソニーLPWAなどのLPWA技術やAI、ブロックチェーンなどの最新技術をベンチャーが活用するための
プラットフォーム構築をめざす。

 協力

 

大田区

ハタプロ・ロボティクス株式会社

株式会社NTTドコモ 39Meister

ほか

 


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


PAGE TOP