EVENTS

【連続講座】Tokyo IoT Monozukuri College 2018 ※お申込み締切:5月23日(水)

■試作費まで徹底的にサポート!!
モノづくりの基礎知識からプロトタイプ作成まで。 ハードウェアスタートアップ体験プログラム


■こんな人におすすめ
ハードウェアスタートアップに興味があり、プロトタイプを作成したいが、どこでどのように作ればよいかわからない方。
企業でマーケティングや新規事業開発などに携わっており、ハードウェアに関するビジネスアイデアを持っている方。
学生時代にハードウェアに関して学んだ。もしくは学んでいるが、ハードウェアでの起業について学びたい方。
作りたいもの、実現させたいものがあるエンジニアの方。

※本イベントの申込締切は5月23日(水)18時となります。

日時 2018年06月02日(土) スタート(全8回) ※申込み締切5月23日(水) 夜18時まで
料金 無料 ※モノづくりスペース利用料など一部負担あり
定員 30名
会場 TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル
主催者 Startup Hub Tokyo 

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


Tokyo IoT Monozukuri Collegeとは

約2ヵ月間でモノづくりの基礎知識習得からプロトタイプの作成。そして起業に不可欠なチームづくりや、実践的な知識までをイチから学べる起業プログラム。

ハードウェアスタートアップに興味があり、プロトタイプを作成したいが、どこでどのように作ればよいかわからない方や、
企業でマーケティングや新規事業開発などに携わっており、ハードウェアに関するビジネスアイデアを持っている方。
学生時代にハードウェアに関して学んだ。もしくは現在学んでおり、ハードウェアでの起業について詳しく学びたい方むけの連続プログラムです。

 

・試作費もサポート!(上限あり)

・作業スペースとして、Startup Hub Tokyoだけでなく連携先のモノづくりスペースの利用も可能!

・技術メンター、ビジネスメンターが起業までをしっかりサポート!

 

 

カリキュラム

Day1: 6月2日(土) 13:00-18:00

開催場所:Garage Sumida   東京都墨田区八広4-36-21 ※開催場所が異なりますので、ご注意ください。

<インプットセミナー>

・参加者全員自己紹介

・セミナー『モノづくりで起業するということ』(仮)

・先輩起業家との交流

・モノづくり現場見学

 

Day2: 6月9日(土) 13:00-18:00

開催場所:Startup Hub Tokyo 東京都千代田区丸の内2-1-1 Tokyo創業ステーション1階

<IoT実践 ワークショップ①>

・マイコンボード「Arduino」を使って、IoTの基礎を学ぶワークショップ

 

Day3: 6月17日(日) 15:00-19:00

開催場所:Startup Hub Tokyo 東京都千代田区丸の内2-1-1 Tokyo創業ステーション1階

<IoT実践 ワークショップ②>

・マイコンボード「Arduino」を使って、IoTの基礎を学ぶワークショップ

 

Day4: 6月23日(土)13:00-18:00

開催場所:Startup Hub Tokyo 東京都千代田区丸の内2-1-1 Tokyo創業ステーション1階

<チームビルディング アイデアブラッシュアップ>

・アイデア発表

・実際のプロジェクトチームを決定し、手順決め、設計、部品調達、実装準備など

 

Day5: 7月1日(日) 13:00-18:00

開催場所:MONO  東京都江東区青海二丁目5番10号テレコムセンタービル東棟14階 ※開催場所が異なりますので、ご注意ください。

<ビジネスモデル>

・様々な視点からビジネスモデルを検証

・実際のプロジェクトチームごとに、設計、部品調達、実装など

 

Day6:7月7日(土)13:00-18:00

開催場所:Startup Hub Tokyo 東京都千代田区丸の内2-1-1 Tokyo創業ステーション1階

<中間メンタリング>

・進捗状況の確認&メンタリング

<プレゼンテーション>

Demo Dayにむけて、効果的なプレゼンテーションの手法を学ぶ。

 

Day7:7月21日(土)13:00-18:00

開催場所:Startup Hub Tokyo 東京都千代田区丸の内2-1-1 Tokyo創業ステーション1階

<プロトタイプ作成>

・実際のプロジェクトチームにて設計、部品調達、実装など

 

Day8: 7月28日(土) 13:00-18:00 

<デモデー>

・ゲストトークセッション

・成果発表&成果展示

 

※講座開催期間中、Startup Hub Tokyoyや提携先モノづくりスペースを利用可能。

また、プロトタイプ作成、ビジネスモデルの面で各メンターが チームごとにサポートします。

 

参加申込について

【参加対象】

・実現したいハードウエアを用いたビジネスアイデアをお持ちの方。

・ハードウェアエンジニア、ソフトウェアエンジニア、デザイナー、ビジネスプランナーのいずれかに該当する方。

 

【募集スケジュール】

・参加申込締切日時
2018年5月23日(水) 夜18時まで

・合否発表予定日時
2018年5月25日(金)夜18時ごろ

 

【参加にあたっての注意事項】

・本プログラムはエントリーフォームの記載内容にて選考を実施いたします。

・お申込みはおひとりにつき1回まで可能です。

・今回提出いただく情報は、Tokyo IoT Monozukuri College 2018の選考以外には利用いたしません。

・本プログラムは継続性を重視しておりますので、原則すべての回への参加が必要です。出席が難しい場合はご相談ください。

・本プログラムは公開された場での相互学習となりますので、アイデアの情報などを共有したくない方は参加をご遠慮ください。

・エントリーはwebサイトのみでの受付となります。

※チームでのご応募も可能です。チーム参加を希望される場合はエントリーシートにチーム名のご記入をお願いします。

 

メンターのご紹介

<技術メンター>

株式会社CAMI&Co.代表取締役

神谷 雅史 氏

 

慶應義塾大学環境情報学部(SFC)卒業後、同大学院修了 (國領二郎研究室)。その後、日本ユニシスで「目玉おやじロボットPJ」を立上げ、ロボットやIoTに興味を持つ。アクセンチュア戦略部門を経て、IT、経営、ハードウエアの経験から、日本でも稀な「IoT総合ものづくり企業」株式会社CAMI&Co.(キャミーアンドコー)を設立。IoT製作見積もりサイト『EstiMake(http://esti-make.com/)』やIoTデザインに特化した『EstiMake-Design(http://esti-make.com/design/)』、AI制作見積サービス『EstiMake-AI(http://esti-make.com/ai/)』、IoT教育事業『IoT-School(http://www.iot-school.jp/)、FabスペースIoTLaB(https://cami.jp/iotlab/)』などのサービス、IoT総合研究所などの組織を展開。
ビッグデータ解析やO2O、AR、VR、システム開発、展示会用の動きのある展示物開発(http://makexpo.jp/)、補助金コンサルティングサービスなどを行っている。

 

 

<ビジネスメンター>

モノづくり起業推進 協議会 会長 株式会社Darma Tech Labs 代表取締役

牧野 成将 氏 

 

2005年フューチャーベンチャーキャピタル(株)入社。2009年から(財)京都高度技術研究所のインキュベーションマネージャーを兼務し起業支援を行う。2011年(株)サンブリッジのインキュベーション施設「GVH Osaka」の立ち上げやIT分野のシードステージ企業への投資活動を行う。2015年8月、ハードウェアスタートアップのためのアクセラレーションプログラム「Makers Boot Camp」を行う株式会社Darma Tech Labsを共同創業。2017年3月に試作支援をサポートするファンド「MBC Shisakuファンド」の設立を発表。

 

機材協力

株式会社ソラコム

協力

株式会社Cami&Co.

 

モノづくり起業推進協議会

 

株式会社 浜野製作所

 

 

【連携先モノづくりスペース】

 

MONO

 

Garage Sumida

 

IoT Lab

 

 

 

 

 


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


PAGE TOP