EVENTS

【連続講座】実務に活かせる!物販の始め方 ―事業を成功に導く考え方と実践方法を学ぼう― Startup Hub Tokyoコンシェルジュ発イベント第二弾

この講座は、物販を始めたばかりの方やこれから始めてみたい方が、商品の企画書を作り、マーケティングと販売戦略を考え、事業化していく一連のプロセスを学ぶ、連続講座&ワークショップです。商材はあるが「何から始めたら良いかわからない……」と悩んでいる方も、全体像を掴み、効率良く事業を推進していけるようになります。

※本講座は少人数制の連続ワークショップのため、受講を希望する方の選考を行いますが、選考なしで参加できる初回セミナーのみのお申し込みも同時に受け付けています。

日時 2019年06月19日(水) スタート(全4回) ※06月10日18:00申込み締切
料金 無料
会場 東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


 

応募

※マイページにログインした状態で応募ボタンを押してください。未ログイン状態では応募ページが開きません。

※応募締め切り、参加資格等の詳細は下部の各項目をご覧ください。

 

Aコース:第1回~第4回通し参加(定員20名・事前選考あり)

 

 

<応募時に以下の質問にお答えください。選考の際の参考にさせていただきます。>

 

1. 取り扱いたいと考えている商材について、教えてください。(商材内容、使用場面、想定顧客、製造・仕入元、販売価格帯等)(300文字程度)

 

2.なぜその商材を販売したいと思ったのか、教えてください。(300文字程度)

 

3.想定している販売形態について、教えてください。(選択式)

①WEB中心 ②実店舗中心 ③WEB以外の無店舗販売中心

 

4.事業の準備状況について教えてください。(選択式)

①既に(一部でも)販売を開始している ②短期的に販売開始予定であり、本格的に準備を進めている ③企画はかなり固まっており、これから本格的な準備を開始する

④商材や仕入先候補のイメージはあるが、企画を詰めるのはこれから ⑤物販以外の事業内容も含めて、いろいろ模索している

 

5.この講座で学びたいこと、講師に相談したいことを教えてください。(300文字程度)

 

 

Bコース:第1回のみ参加(定員60名の先着順。Aコースとあわせて応募可。申込み締切なし)

 

 

本講座について

売りたい商材はあるが、「どうやって仕入れたらよいか分からない。」「どのように、いくらで売ったら良いかわからない。」「とりあえず始めてみたけれど、すぐに行き詰ってしまった。」等でお悩みの方、基本に立ち返って、物販事業を始めるに当たってのプロセスを学び直してみませんか?

 

ヤフオクでのモバイルアクセサリー・雑貨の個人輸入販売からスタートし、取扱商品点数約3,000点、取扱店舗数は大手量販店含め約7,000店までの事業に育て上げた講師が、経験に基づいた理論と実践方法を余すところなくお伝えします。

 

また、他の参加者の方の商材を見たり、自分の業種にはないアイデアを聞いたりすることで、事業に役立つ新しい発見も期待できるでしょう。「何から始めて良いか分からない」と悩んでいた方、講師と参加者全員で一緒に知恵を絞り、お客様にモノを売る楽しさを実感してください!

 

■こんな人におすすめ

ネットショップでも実店舗でも、これから物販を始めたいと考えている方

物販事業を始めてまだ日が浅く、これからきちんと顧客を捕まえ売り上げを伸ばしていきたい方

海外メーカーの販売代理店になり、国内で販路を拡大をしたいと考える方

 

※商材は問いません。(食品、生活雑貨、ハンドメイド作品、工芸品、化粧品、アパレル、インテリア用品、家電、等)

※可能な範囲で、扱う商材のサンプル、カタログ等をご持参ください。

カリキュラム

※各回の時間割、細目については変更になる可能性もあります。

 

【第1回】2019年6月19日(水)18:00~21:00 セミナー形式/60名 ※審査なし・先着順

 

テーマ : 「事業ドメインの設定」

ゴール : 自分自身と事業を客観視し、狙うべきマーケットを決める

 

タイムスケジュール

18:00~19:00 開場(軽食を食べながら交流・自由参加)

19:00~19:10 講師自己紹介・本日の説明

19:10~20:45 講義・ワークショップ(途中休憩あり)

20:45~21:00 本日の振り返りと第2回以降の概要説明

 

 

【第2回】2019年7月24日(水)19:00~21:00 ワークショップ形式/20名

 

テーマ : 「マーケティング」

ゴール : 各自の商材に合わせたマーケティング戦略仮説を構築する

 

<タイムスケジュール>

19:00~19:10 前回の復習・課題レビュー

19:10~19:40 参加者自己紹介

19:40~20:10 講義

20:10~20:30 ワークショップ

20:30~20:50 各グループ発表・講評

20:50~21:00 次週内容・課題の説明

 

 

【第3回】2019年7月31日(水)19:00~21:00 ワークショップ形式/20

 

テーマ : 「商品設計と販売戦略」

ゴール : 販売チャネル毎の商品設計と販売戦略を考え、収支を試算する

 

<タイムスケジュール>

19:00~19:10 前回の復習・課題レビュー

19:10~19:50 講義

19:50~20:20 ワークショップ

20:20~20:40 各グループ発表・講評

20:40~21:00 次週内容・課題の説明

 

 

【第4回】2019年8月7日(水)19:00~21:00 ワークショップ形式/20名

 

テーマ : 「ブランド戦略」

ゴール : 新たな価値を生み出し、長期的に持続するビジネス構造を考える

 

<タイムスケジュール>

19:00~19:10 前回の復習・課題レビュー

19:10~19:50 講義

19:50~20:20 ワークショップ

20:20~20:45 各グループ発表・講評

20:45~21:00 修了証書授与・アンケート記入

講師

木下 京子氏(Startup Hub Tokyoコンシェルジュ/株式会社INNOVA GLOBAL代表取締役)
東京デザイナー学院 名古屋校 スペースデザイン学科卒業後、2000年トヨタ自動車株式会社デザイン部入社。カラーデザイナーとして従事。
2006年、株式会社INNOVA GLOBAL設立。モバイル&雑貨の小売をスタートし、ヒット商品を続々リリース。楽天市場でiPhoneケース販売シェアNo.1の実績を持つ。2010年より、キャリアショップ、家電量販店、雑貨店等での取扱スタート。(現在約7,000店舗) デザインセンスを活かしたセレクト力が支持され、都内の百貨店では初のモバイルアクセサリーショップを期間限定で運営。2015年よりIoTデバイスの取扱いを開始。
同事業と並行して2008年〜2010年北京清華大学に留学。身近に相談できる女性の経営者として商工会議所、大学、創業支援施設等で講演活動に携わる。2016年7月長男を出産。

 

募集形式

以下2コースを同時に募集します。

 

Aコース : 第1回~第4回通し参加 (定員20名・事前選考あり)→応募する

 

応募締切 6月10日(月)18:00

選考結果の発表 6月12日(水)午後

 

Bコース : 第1回のみ参加(定員60名の先着順。Aコースとあわせて応募できます。申込み締め切りはありません)→応募する

 

※マイページにログインした状態で「応募する」を押してください。未ログイン状態では応募ページが開きません。

参加対象

【Aコース】

・具体的な商材または商材候補をお持ちの方
(仕入元と販売契約が未締結でも構いませんが、商材や仕入元に関する具体的情報は取得していることが望ましいです)

・第1回から第4回まですべて参加可能な方

・講義の時間以外で、各回の宿題をこなせる方
(週1時間程度目処。内容は、課題図書の購読や自分の考えを言語化することが中心で、それほど難しいものではありません)

 

【Bコース】

・今は具体的な商材はないが、近い将来物販を始めてみたいとお考えの方

 

※Aコース、Bコースとも、単に企業や団体の「販売員」として物販を行う方、所謂ネットワークビジネスの構成員の方の参加は、ご遠慮ください。また参加者同士での売り込み行為、勧誘行為は慎んでいただきますようお願い申し上げます。

 

参加にあたっての注意事項

・本プログラムはエントリーフォームの記載内容にて選考を実施いたします。

・エントリーはweb受付のみとなります。

・本プログラムは公開された場での相互学習となりますので、発表を行いたくない、またはアイデアの情報などを共有したくない方は参加をご遠慮ください。

・本プログラム受講中に参加者間で知り得た他人のアイデアや個人情報等は、無断で公開、または流用しないことをお約束ください。

・プログラムの模様を撮影した写真や動画は参加者同士で共有、または本プログラムやStartup Hub Tokyoの広報資料として、事前の承諾なく利用させていただく場合があります。予めご了承ください。

 

お問い合わせ

Startup Hub Tokyo
担当:飯島
TEL:03-6551-2610
Mail:event.info@startuphub.tokyo


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。


PAGE TOP