EVENTS

【申込受付中】TOKYO-DOCAN 第8期 (1/26~3/8)

TOKYO-DOCAN(トーキョードカン)は、世の中にドカンとインパクトをもたらす起業家の「たまご」のためのベースキャンプです。
他の誰でもない、自分のチカラ(DoとCan)で人生を切り開く術を学び、2ヵ月かけて自分だけの仕事を創り上げましょう。
共に切磋琢磨できる、かけがえのない仲間とも出会えるはずです。

■こんな人集まれ!
・将来起業しようと思っている人
・自分の「好き」を仕事にしたい人
・起業アイデアが頭の中でモヤモヤしている人
・起業に向けて動き出しているが、事業化までの基礎ステップを学びたい人

日時 2020年01月26日(日) スタート(全7回) ※応募締切 1/15(水) 18時まで
開場時間 10:00
料金 無料
定員 30名 (審査あり)
会場 東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル
TOKYO創業ステーション1階 Startup Hub Tokyo
主催者 Startup Hub Tokyo

・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


TOKYO-DOCANとは?

TOKYO-DOCAN(トーキョードカン)とは、約2か月・全7回の講義で、アイデアの着想・ブラッシュアップから事業化までを体験できる、起業家の「たまご」のための連続プログラムです。MIT起業家育成プログラムのメソッドに基づいた様々なワークショップや、ユーザーインタビューなどの宿題を通して、自分だけの仕事を創り上げましょう。最終日には講評者や一般観覧の目前でピッチをしていただき、フィードバックをもらって卒業となります。さらに、卒業生のコミュニティやイベントを通して、卒業後もサポートいたします。

 

■こんな人集まれ!
・将来起業しようと思っている人
・自分の「好き」を仕事にしたい人
・起業アイデアが頭の中でモヤモヤしている人
・起業に向けて動き出しているが、事業化までの基礎ステップを学びたい人

 

学生の参加も大歓迎です!

 

■プログラムの様子

 

▼来年1/10(金)に「TOKYO-DOCAN 第8期」の説明会も実施いたします!詳しくはこちら。

https://startuphub.tokyo/event/20200110e1

カリキュラム

第1回 1/26()10:15〜13:15 (10:00開場)
誰を幸せにしたい? 〜アイデアよりも大切なこと〜

特別講座 1/26()14:30〜17:30
「ニーズのある市場を見極めるための顧客インタビュー講座」(講師:中野 教子氏)

第2回 2/1(土)10:15〜13:15 (10:00開場)
何を届ける? 〜ワイルドアイデアのヒラメキかた〜

第3回 2/9()10:15〜13:15 (10:00開場)
ストーリーを描こう 〜ユーザー体験を起承転結に〜

第4回 2/16()10:15〜13:15 (10:00開場)
プロトタイピング 〜アイデアを形にしてみよう〜

第5回 2/23()10:15〜13:15 (10:00開場)
収益をどうあげる? 〜持続可能なビジネスへ〜

第6回 3/1()10:15〜13:15 (10:00開場)
ピッチトレーニング 〜ピッチを磨き上げよう〜

第7回 3/8()10:15〜13:15 (10:00開場)
アイデアを発信しよう 〜起業家へ一歩を踏み出す〜

 

※各回、講義の時間以外にユーザーインタビューなどの宿題に取り組んでいただきます。

講師

メイン講師

長井 悠氏(タクトピア株式会社 共同創業者 CEO)
茨城県と千葉県で育つ。東京大学にて藝術学(音楽社会学)を専攻、修士課程修了。IBM社にて、戦略コンサルタントとして活動後、2010年にハバタク株式会社を創業。2015年、当社の一部門であった学校向け教育事業をタクトピア株式会社としてスピンアウトし代表に就任。
タクトピアでは全事業を統括し、学校・企業などとの関係構築・協業可能性の開拓等をおこなう。
また、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメソッドを応用したアントレプレナーシップ教育の講師として全国の高校・大学と協働中。

 

■特別講師

中野 教子氏 (株式会社ジャパン・ダイレクト・リサーチ 代表取締役)
大阪市立大学生活科学部卒業、英国ダラム大学ビジネススクール卒業(Durham University Business School)経営学修士(MBA with Distinction)。
プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インクにて主に官能評価(Sensory Evaluations)および消費者調査に従事。日本ロレアル・リサーチ&イノベーションセンターにおいては、コスメティックス全般の機器評価、官能評価、消費者評価等を担う製品評価部を統括。また、新生銀行においてもリテール金融マーケティングリサーチ業務全般に従事。国際的なビジネスの視点で、生活者を科学的にとらえることに経験を有する。ESOMARメンバーとしても広く活動。2014年&2016年ESOMAR APACプログラム委員。英国のThe Market Research Society(MRS)メンバー。

応募について

本プログラムはエントリーフォームの記載内容にて選考を実施いたします。

 

【主な設問内容】

・あなたの経歴と合わせて自己紹介をしてください。スキルやアピールポイントがあれば、一緒にお書きください。(400字以内)
・あなたがトーキョードカンに応募する動機は何ですか?きっかけと達成目標を含めてお書きください。(400字以内)
・起業しようと考えているテーマ(解決したい課題)をお書きください。(400字以内)

 

+α (任意)
追加でアピールしたい方は、動画の提出も受け付けております。
内容はお任せしますので、最大3分程度で自由に表現してください。

 

※動画はYouTube等の動画共有サイト、またはGoogle Drive等のオンラインストレージサービスに上げていただき、エントリーフォームの該当欄にはURLをご記入ください。
※動画はあくまでも選考材料として使用いたします。動画の提出による優遇措置などは特にございません。

 

※そのほか、簡易的な設問がいくつかございます。

 

応募締切:1/15(水) 18時 ※時間厳守

合否発表:1/18(土)午後

参加にあたっての注意事項

※必ずお読みください

・エントリーはweb受付のみとなります。

・お申込みはおひとりにつき1回まで有効です。

・初回と最終回は必ず出席が必要となります。

・初回と最終回以外もすべての日程に参加できることが望ましいですが、欠席の回があった場合は宿題などでフォローを行う予定です。

・各回、講義の時間以外にユーザーインタビューなどの宿題に取り組んでいただきます。

・本プログラムは公開された場での相互学習となりますので、ピッチを行いたくない、またはアイデアの情報などを共有したくない方は参加をご遠慮ください。

・本プログラム受講中に参加者間で知り得た他人のアイデアや個人情報等は、無断で公開、または流用しないことをお約束ください。

・プログラムの模様を撮影した写真や動画は参加者同士で共有、または本プログラムやStartup Hub Tokyoの広報資料として、事前の承諾なく利用させていただきます。予めご了承ください。

・選考基準および選考理由に関するお問合せにつきましては、お答えいたしかねます。予めご了承ください。

 

 

 


・不測の事故、天災地変の発生、官公署の命令・指導、交通機関のストライキ・遅延などで東京都及び運営事務局が当施設の利用を不可能と判断した場合、
または、主催者の都合やイベントを開催できない事由などにより、イベントの実施が困難と東京都及び運営事務局の判断した場合、
当イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。中止の際のお知らせはメールとStartup Hub Tokyoホームページのinformationにて行います。
・当イベントへの参加に当たっては、「利用規約」のリンク先で内容をご確認いただき、ご同意の上、お申し込み願います。


おすすめイベント

PAGE TOP