MAGAZINE

vol.2「コンシェルジュの思い」その2 – コンシェルジュの現場から –

日々、皆様の起業ご相談対応をしているコンシェルジュ。どんな想いや考えを持って、ご相談に臨んでいるのでしょうか? 

前回に引き続き、今回はコンシェルジュの熊谷、澤井、鈴木からの声を紹介します。

熊谷孝幸 Takayuki Kumagai

Q1. どんな時にやりがいを感じる?

ご相談後に、「ためになった」や「考えが整理できた」などという感想を頂いた時に、いちばんやりがいを感じます。漠然とした内容のご相談の方も多いので、お考えをまとめやすいように要点を確認するように気をつけています。

Q2. ご相談対応で難しいと感じる点は?

色々な悩み事をお持ちではあるものの、その根源の悩みは実はシンプルであったりします。そのことにご本人が気づかれていないことが多いのですが、その根源の悩みを探し出すことが難しいです。ただ、そこに気づくことが出来ると、急に視野が開けたように感じられると思います。

Q3. ご相談対応でモットーとして大切にしていることは?

一見お悩みの内容とは関係ないような事柄でも、実は関係があるということがあります。そのため、なるべくご本人が気持ちよく色々とお話出来るような雰囲気になるよう気をつけています。

澤井泰良 Yasuyoshi Sawai

Q1. どんな時にやりがいを感じる?

私自身、創業時に事業の可能性は感じつつも、実際に進めるのは不安でした。そんな時に、いろいろ教えてくれ、自信をつけてくれた方がいて起業することができました。その経験から、これから起業する方の役にたてたら嬉しいです。

Q2. ご相談対応で難しいと感じる点は?

それぞれの方が自身の起業に真剣ですし、一生懸命考えています。その一方で、起業は初めてなので、質問・課題があいまいなことも多いです。短時間に相談者の思考に合わせることに、時々難しさを感じます。

Q3. ご相談対応でモットーとして大切にしていることは?

私自身、勇気づけられて嬉しかった経験があるので、ご相談者に自信をつけられるように話したいと考えています。

鈴木博之 Hiroyuki Suzuki

Q1. どんな時にやりがいを感じる?

起業は誰でも不安を抱え、分からない部分があります。その不安や不明な部分を埋めてあげることで、少しでも起業へのステップの一助となることが出来る点にやりがいを感じています。

Q2. ご相談対応で難しいと感じる点は?

これまでに経験してきた起業のコンサルティングでもそうだったのですが、こちらの話をあまりきちんと聞いてくださらない方への対応は難しいと感じることがあります。人の話を良く聞かれる方は成功される方が多いと思います。

Q3. ご相談対応でモットーとして大切にしていることは?

ご相談者と私自身の間で、ご相談されたい内容の理解に食い違いやズレがないように、ヒアリングに徹します。その上で押しつけではなく、本人の意向に沿ったアドバイスが出来るように心がけています。




どのコンシェルジュも、時にはご相談者目線に徹し、また時には過去の起業経験における自身の目線を思い出し、1つ1つのご相談に対応していることがうかがえます。コンシェルジュ相談は、時間帯においても様々な方のニーズにお応えすべく、平日は10時~21時まで、土・日・祝日も10時~17時までご相談に対応しています。

<次回は、今回に続いて他の“コンシェルジュの想い”をお伝えします!>

【コンシェルジュ相談について】
https://startuphub.tokyo/concierge

※INFORMATIONページに最新のコンシェルジュシフト表を公開していますので、ご参照ください。
https://startuphub.tokyo/information

PAGE TOP