【イベントレポート】起業を考えるママ・働くママのための情報収集術!~『1日10分で教養アップ!働くママ応援ガイド』創刊記念イベント~

 

昨年12月7日、子育て中の女性の情報収集をサポートするために創刊された『1日10分で教養アップ! 働くママ応援ガイド』の創刊記念イベントとして「起業を考えるママ・働くママのための情報収集術!」を開催!
素敵なゲストの皆さまの、起業に至るまでのストーリー、仕事と子育ての両立の秘訣、新聞を活用した情報収集術などのトピックについてじっくりお話を伺うことができました。

 

【スペシャルゲスト】押切もえ さん(モデル・作家)
2016年にプロ野球ロッテの涌井秀章投手とご結婚され、2018年に男の子を出産された押切さん。「起業」に強く関心を寄せられていて、ゲストの太田さん、中村さんのお話にも熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
子育て中の気持ちの持ち様について、「できないことが増えるけど、逆に今しかできないこともたくさんある。今できることを積極的に探すようになった」とご自身の状況を交えながらお話くださいました。
また、SNSばかり見ていると他人と自分を比べてしまってついつい落ち込んでしまう、という話も。そんな時は本や新聞などアナログなものを眺める時間を取るようにするそうです。

 

【ゲスト】太田さちか さん(芸術教育士・ケーキデザイナー)
9歳・6歳・5歳のママでありながら、ケーキデザイナー&芸術教育士としてご活躍されている太田さん。
将来的に起業してみたい、独立してみたいと思っている方たちへ「会社で学んだことを全部自分の将来に役立てるつもりで働くとよい」とアドバイスされていました。例えば契約書一つとっても、将来自分が交わす契約のつもりで作成すれば、取り組み方も変わってきますよね。
情報収集についての話題では、ご家族で新聞を読まれているというエピソードをご紹介いただきました。アナログな誌面だからこそ、お子さんたちがどの記事を見ているのかすぐ分かったり、全員で頭を寄せ合って眺められるところが気に入っているそうです。本業のレシピのアイデアも、新聞で世の中のトレンドを追うことでひらめくことがあるとか。

 

【ゲスト】中村里香 さん(ユーバー株式会社代表取締役)
環境に左右されず、全ての子どもに等しく楽しいプログラミング教育を届けるとの信念で、2017年4月にユーバー株式会社を設立された中村さん。
会社員→育児休暇→復職→起業 と一通りご経験された中村さんは「何かに挑戦する時は適切なサポートを受けることも大事」と仰り、起業の準備でTOKYO創業ステーションのプランコンサルタントを活用されたエピソードをお話いただきました。
情報収集についての話題では、当時小学生だったお子さんに新聞を薦めたことで、勉強などの理解力アップに繋がったというエピソードをご紹介いただきました。

 

【モデレーター】小坂佳子 さん(読売新聞東京本社「OTEKOMACHI(大手小町)」編集長)
数々のイベントでモデレーターをされてきた小坂さん。今回のイベントでも、ご自身の仕事・子育ての経験談を交えながら、ゲストの皆さまの貴重なお話をたくさん引き出していただきました。
ゲストの皆さんの情報収集に関するエピソードは、当日イベント会場に向かう道中で聞き出された内容もあったとか!

 

イベント参加にあたってはお子様連れOKということもあり、会場は終始和やかなムードに包まれていました。
たくさんの方にお越しいただき誠にありがとうございました!

 

 

\『1日10分で教養アップ! 働くママ応援ガイド』って?/
産休・育休後に起業やフリーランスとしての活動を検討する子育て中の女性の情報収集をサポートするための冊子です。新聞を使った情報収集の方法や新聞を読む際のポイントガイドなども掲載しています。
発行:一般社団法人日本新聞協会

 

\過去のイベントレポートはこちら/
https://startuphub.tokyo/magazine
\イベントをチェックしたい方はこちら/
https://startuphub.tokyo/event